2021年 7月 28日 (水)

「ビキニ着用拒否で罰金」のナゼ 永島優美「選手が自由に選択できるように...」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「めざまし8」が抽出したSNS記事アクセスランキングのトップに22日(2021年7月)、「ビキニ着用拒否で罰金」があがった。「スポーツ選手の服装について、また問題が発生しました」と永島優美アナウンサーが伝えた。

  • 女子ビーチハンドボールの服装規定めぐり論議(写真はイメージ)
    女子ビーチハンドボールの服装規定めぐり論議(写真はイメージ)
  • 女子ビーチハンドボールの服装規定めぐり論議(写真はイメージ)

「服装ルールを変更するため今後も戦っていく」

   ロイター通信によると、問題はノルウェーの女子ビーチハンドボールチームがブルガリアで開かれた欧州選手権でビキニボトムでなくショートパンツで試合に臨んだこと。これを欧州ハンドボール連盟は「不適切な服装」として罰金19万4000円を科した。これに対してノルウェーハンドボール連盟は「服装ルールを変更するため今後も戦っていく」とコメントした。

   司会の谷原章介「以前、陸上競技で『短すぎる』といわれたことがあった。今度は『長すぎ」。世界の潮流はどちらかというと、露出を抑えていく方向と思うが、このハイレグ感は過渡期の感じがします」

   永島「選手が自由に選択できるようにするのがいいな」

   トラウデン直美(モデル、タレント)「競技に影響ないなら自由に選べると個人的には思います。いろいろな価値観はある中でルールを柔軟にする必要があります」

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中