2021年 9月 18日 (土)

猛暑続く東京で「プール難民」続出! 人数制限で予約殺到、受付直後に1000人待ちも

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「梅雨明けして以来、連日厳しい暑さが続いていますが、きのう22日(2021年7月)は全国30地点で猛暑日となり、京都市では36.3℃を観測しました」と、MCの夏目三久が伝えた。藤森祥平アナは続けて「大型の台風6号も先島諸島に近づいていて、宮古島は暴風域に入りました。特に猛烈な風が特徴で、住宅倒壊の恐れもあり、気象庁は警戒を呼び掛けています」と報じた。

  • 猛暑日はいつまで続くのか
    猛暑日はいつまで続くのか
  • 猛暑日はいつまで続くのか

1歳女児を車内に放置、熱中症で死なせた母親を逮捕

   22日は全国920か所の観測地点のうち577地点で真夏日、30地点で猛暑日を記録。東京では1日で64人が熱中症の疑いで救急搬送された。千葉・八千代市では車内にいた1歳の女児が熱中症の疑いで救急搬送され、その後死亡。警察は保護責任者遺棄の疑いで自称・飲食店従業員の母親を逮捕した。22日午前10時すぎから約30分、自宅マンションの駐車場に停めた車内に次女を放置した疑いだ。

   8日連続の真夏日となった東京では各地のプールに人が殺到した。墨田区の両国屋内プールではコロナ対策として、先着60人の定員を設けたが、開館1時間後には入場制限がかけられた。ほかにも各地でこうした「プール難民」が続出している。

   「9時に申し込みしたのに、入れるのは18時」というのは目黒区の区民プールを予約した人。同プールでは、定員を設けネット予約を開始したところ予約が殺到し、予約サイト開設直後に1000人待ちで「夕方確定」とSNSでつぶやく人もいた。

   北区のプール「元気ぷらざ」では朝8時にはすでに500人を超える行列ができていた。定員は200人で使用時間を制限するなどの対策を取っているが、22日は約1200枚の整理券が配布されたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中