2021年 9月 23日 (木)

コロナ陽性で棄権のオランダ選手 「あさチャン!」で語った「大きな心の傷」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。きのう(2021年7月25日)の東京の新規感染者は1763人。これは日曜日としては過去最多となる数字です」と司会の夏目三久が伝えた。

  • 危機感を募らせる医師も
    危機感を募らせる医師も
  • 危機感を募らせる医師も

広がる感染

   埼玉医科大学総合医療センターでは今、デルタ株の入院患者が急増している。先々週までは半分もベッドが埋まっていなかったが20床ある病床のうち13床が埋まっていて、使用率は6割を超えた。7割を超えると医療ひっ迫まで間近だ。

   総合診療内科の岡秀明教授は「今感染者の中心になっている働き盛りの世代の方が入院治療を受けられない状態になってしまう可能性がある」と危機感を募らせる。

   「重症者が少ないというご意見がありますが、中等症の2という、酸素を吸わなくてはならないレベルの肺炎を起こしている方がたくさんいます。それは決して軽症ではなく、数日中に重症化していく方もいらっしゃいます。これが重症と言う形にカウントされていないだけですから」(岡教授)

   一方、藤森祥平アナは「東京オリンピックに参加する選手にも感染は広がっています。新型コロナウイルスに感染し、棄権を余儀なくされたオランダ代表選手に話を聞きました」と、テコンドー女子67キロ級オランダ代表のレシュミー・オーヒンク選手(31)のケースを紹介した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中