2021年 9月 29日 (水)

盛り上がったゲーム音楽での五輪入場行進 そういえば「マリオ」は...?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「多様性」と「調和」が基本コンセプトの「東京2020オリンピック開会式」。NHK総合では7月23日(2021年)夜に生中継があった。コロナ禍での強行開催には反対派も多く、そもそも関心がないという人もいて、さほど注目されないか、と思われたが、直前のゴタゴタ騒ぎで一挙に国民的関心事になった感ある。小山田圭吾・小林賢太郎のおかげ(!?)といってはあれだが、怖いもの見たさ、物見遊山の多くの視聴者を集めたのはたしかだ。

   森山未來のダンスパフォーマンスには山海塾を思い出し、棟梁役の真矢ミキには「諦めないで」を思い出し、テレビ局クルーのなだぎ武には「ディラン・マッケイ」を思い出し......と余計なことを考える場面も多かったが、まあ無事に済んでなにより。

  • 東京五輪の開会式が「無事」終了
    東京五輪の開会式が「無事」終了
  • 東京五輪の開会式が「無事」終了

興味深かった「世界各国のマスク」

   話題のピクトグラムは、たしかに発想はよかったが、無観客でよかったなあとつくづく。大観衆の中で、あんなチマチマやっていたら、それこそブーイングものだ。歌舞伎の市川海老蔵と上原ひろみのジャズピアノは、食い合わせが悪そうだし、圧巻のパフォーマンスと絶賛されている国家独唱のMISIAには、「君が代」アレンジしていいんだ、と驚いた。昭和の人間なもので。劇団ひとりもだが、とにかく人選が謎。小山田・小林の辞任解任コンビもだが、オリンピック終了後には、ひとりひとりの人選については、担当者に是非訊いてみたいものだ。

   花火とドローンもよかったが、やっぱり盛り上がったのがゲーム音楽での入場行進。「ドラクエ」や「ファイナルファンタジー」「モンハン」の曲が使われたのはゲーム好きとしては喜ばしいこと。国名の吹き出しはなんだかなあで、どうせやるなら、全面的に漫画やアニメ、ゲームの世界観に振り切ればよかったのに。そういえば、リオの閉会式の時のマリオ(安倍マリオではありません)は何処へ。

   例年、横浜みなとみらいで開催される「ピカチュウ大量発生チュウ!」なんてやったら、海外のお客様も大喜びだったろうに。

   いまさらフジヤマ・ゲイシャでもないけど、日本全国、祭りが中止になっているところも多く、ねぶたとか竿燈まつりの山車を配すれば、それだけでゴージャス&ビューティフルなのに。よさこいとか阿波踊りとか、集団で出てきたら盛り上がりそうなのに......。もう少し、日本色を出してもよかったのでは、と思う。

   個人的には、世界各国のマスクが興味深かった。バッハの長い長いスピーチは論外。「女性は話が長い」と言っていた森喜朗の顔が見たかった。

(くろうさぎ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中