2021年 9月 23日 (木)

百音に「それは恋だよ」とツッコミ続出 菅波先生からの返信に「モヤモヤ」 【おかえりモネ】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」7月26日(2021年)放送回について、ヒロインの永浦百音(清原果耶さん)と菅波光太朗(坂口健太郎さん)、百音の妹・未知(蒔田彩珠さん)と及川亮(永瀬廉さん)の関係に視聴者が「ムズキュン」している。(ネタバレあり)

  • NHKの「おかえりモネ」番組サイトより
    NHKの「おかえりモネ」番組サイトより
  • NHKの「おかえりモネ」番組サイトより

「恥ずかしい?何で?」

   朝岡覚(西島秀俊さん)が働く東京の気象情報会社「ウェザーエキスパーツ」にアルバイトとして採用された百音。登米で勉強を教わっていた医師の菅波に、

「菅波先生 東京に来ました。早速いろいろありましたが、おかげさまで無事、朝岡さんのいる会社に採用してもらえることになりました。バイトですけど... 気象の仕事はまだほんの少ししか見ていませんがとってもとっても面白そうで今ちょっと興奮しています。東京に来て本当によかったと思っています。菅波先生は元気でお過ごしでしょうか?まだまだわからないことだらけですが、一生懸命がんばって行こうと思っています。」

と、長文のメッセージを送る。

   初出社の前夜、百音が眠れずにいると、菅波から返事が届く。しかし文言は「がんばってください」の一言だった。

   百音は「これだけ?まあ先生ならこんなもんか」と呟いて寝ようとするが、

「長文送りつけた私がめちゃめちゃ恥ずかしいんですけど...恥ずかしい?何で?」

と、菅波の素っ気なさや自分が抱いた感情にモヤモヤしてしまう。

   初出社の日の夜、百音は妹の未知と電話する。互いの仕事について報告し合う中、百音が「あっ、そうだ、りょーちんは?会ったりする?」と、亮の話を切り出す。

   「えっ?えっ、何で?」と慌てつつ、未知はモジモジしながら「うん...魚市場でたまに会う」と話し始める。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中