2021年 9月 26日 (日)

ワクチン「接種証明」偽造業者も 「あさチャン!」が伝えた仏の「明と暗」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「フランスでは新型コロナ対策として、ワクチン接種などの証明書の提示義務の範囲が広がったことが議論を呼んでいます」と司会の夏目三久。27日(2021年7月)の「あさチャン!」は、パリ支局の富永高史特派員と中継し、フランスの「健康パス」による効果と負の影響について報じた。

  • フランスでのワクチン接種の現状を伝えた
    フランスでのワクチン接種の現状を伝えた
  • フランスでのワクチン接種の現状を伝えた

「事実上のワクチン強制だ」の指摘も

   「健康パス」は当初、1000人を超えるイベントに参加する時のみ必要とされていたが、21日からは美術館や遊園地など50人以上が入る施設、さらに8月からは飲食店や飛行機、長距離鉄道を利用する際にも必要になり、違反した場合には罰金・罰則が科せられるようになる。

   「国民からは事実上のワクチン強制だと批判の声が上がっています」と富永特派員。ワクチン接種や検査の陰性を証明する「健康パス」提示義務に反発する人びとが、抗議デモを行っている映像を紹介した。こうしたデモは週末のたびに各地で行われ、17日土曜日は約11万4000人、24日土曜日は約16万1000人が参加したという。

   デモ参加者は「打ちたくない人の行動を制限するなんて信じられない」「これはもはや独裁政治です。深刻な状況です」と怒りをあらわにする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中