2021年 9月 23日 (木)

金メダルは「北京とは違った重み」 上野由岐子が「めざまし8」に語った思い

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本代表チームがオリンピック優勝を飾ったソフトボールは、決勝戦が13年前の北京五輪と同じ日米の対決となった。日本の先発投手は上野由岐子、アメリカの先発は北京大会と同じキャット・オスターマン、リリーフのモニカ・アボットも北京で金メダルを争ったライバルだった。

  • 五輪ソフトボールで日本が金メダル
    五輪ソフトボールで日本が金メダル
  • 五輪ソフトボールで日本が金メダル

若狭勝「感動のドラマとして語り伝えられます」

   ソフトボールは2012年のロンドン、2016年のリオデジャネイロ大会では正式競技から除外され、上野はソフトボールの五輪競技復活を願って投げ続けてきた。オスターマンはいったんは引退しながら、東京五輪での復活を聞いて現役復帰した。アボットは北京大会後に日本文化が気に入り、トヨタ自動車のチームに所属したこともある。彼女もいったんは代表を引退したが、東京五輪で復帰した。

   解説の宇津木妙子さん(シドニーとアテネ五輪の元監督)は「日本が強くなったのも彼女たちのおかげ。最初は打てなかったバッターが打てるようになった」と言う。それぞれが熱い思いを抱いての東京対決は、日本が制した。

   司会の谷原章介「逆の結果が出てもおかしくないぐらいの試合でした」

   試合後「感無量です。13年間のいろんな思いを経て、投げられなくなるまで投げてやろうとマウンドに立ちました」と話した上野。一夜明けて、28日(2021年7月)の「めざまし8」に生出演し「北京の金メダルとは「北京の金メダルとは違った重みを感じています。長かった思い、返ってこられた嬉しさ、いろんな思いが詰まっています」と語った。

   若狭勝(弁護士)「感動のドラマとして語り伝えられます」

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中