2021年 9月 23日 (木)

「あさイチ」副島淳も元バスケ選手 博多大吉と熱く日本代表にエール

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   NHK「あさイチ」の時間帯に放送されている「あさナビ」。博多大吉・華丸キャスターや鈴木奈穂子キャスターなどいつものメンバーが、その日の五輪の見どころなどを伝えている。

   29日(2021年7月)、副島淳リポーターが熱く紹介したのは、第2戦を控えたバスケットボール男子。NBAで活躍している八村塁選手と渡邊雄太選手はもちろん、ほかにも注目の選手が目白押しだ。Bリーグ公認アナリストの佐々木クリスさんは「史上最強。世界ランキング42位という数字通りの実力ではないということは間違いない」と太鼓判を押す。

   クリスさんが注目するのは、3ポイントシュートのスペシャリスト・金丸晃輔選手。3ポイントシュートは通常、3割ほど決まれば上出来だが、金丸選手の成功率は46.6%と群を抜いている。

  • バスケットボールの意外な見どころ(聞きどころ!?)も(写真はイメージ)
    バスケットボールの意外な見どころ(聞きどころ!?)も(写真はイメージ)
  • バスケットボールの意外な見どころ(聞きどころ!?)も(写真はイメージ)

爪の音が鳴るようにシュートを

   正確なシュートを生み出す秘訣は指先に。

「ボールをリリースする最後の指、人さし指と中指の爪を長めに伸ばして、爪の音が鳴るようにシュートを放っています。音が鳴るということは、ボールを最後の指先までしっかり押せているということ。鳴ればいいシュートを打てている」(金丸選手)

   副島リポーター「金丸選手、実は華丸さんと同じ高校出身なんです」

   華丸キャスター「バスケの名門なんですよ。まぁ、華丸も金丸も似たようなものですからね。そうなったんでしょうね、おのずと。爪も今、早急に伸ばしているところです」

   副島リポーター「これ、勘違いしないで欲しいのは、爪が長いからシュートが入るってものじゃないです」

   クリスさん「おっしゃる通り。最後、全身の力を指先にしっかりと乗せていくことが大事で、その結果、爪の音が鳴るだけです」

   この3ポイントシュート、世界を相手に日本が勝つためにとても重要になるそうだ。

「ゴールリングは3メートル5センチの高さに設置されているので、近づけば近づくほど身長の優位性が出てくる。なので、外角からのショットをしっかり活用すること。また、そうすることでディフェンダーが外に引き出され、リングの周りの守備が手薄になるので、日本代表がそこに飛び込んでいって、確率の高いシュートにつなげることもできる」(クリスさん)

   さて、実は副島リポーター、高校時代は知る人ぞ知る名バスケットボールプレーヤーだったそう。また、八村選手に間違えられてサインを求められたこともあるそうだ。大学時代のプレー中の写真を見ると、なるほど...プロと見まがうほどの迫力だ。

   副島リポーター「もう筋肉がタルタルになっちゃいましたが、バリバリにやっていました。大吉さんも学生時代、バスケを?」

   大吉キャスター「私は中高。ポジションはレギュラーメンバーにタオルで風を送るという係でした」

   男子バスケットボール予選リーグ、日本代表の第2戦、スロベニア戦は13時5分から放送される。

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中