2021年 9月 23日 (木)

金メダル入江聖奈「カエル就職」で争奪戦 「目が輝い」たオファーとは (めざまし8)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京オリンピック・ボクシング女子フェザー級で金メダルとなった入江聖奈選手はカエルが大好きで、大学卒業後はカエル関連の仕事をしたいと希望を語っていたが、さっそく求人オファー殺到だという。

  • 入江聖奈選手(写真:アフロスポーツ)
    入江聖奈選手(写真:アフロスポーツ)
  • 入江聖奈選手(写真:アフロスポーツ)

「やはり飼育にかかわりたいです」

   静岡・沼津の水族館「あわしまマリンパーク」の伊藤裕館長は熱い視線を送る。「うちには日本で最大級のカエル館があって、80種類以上を飼育・展示しています。ぜひ、ご連絡ください。いつでもお受けします。1日飼育体験だけでも、ぜひお越しください」

   入江選手の地元・鳥取の「カエル工房」は、カエルをモチーフにしたグッズを製作・販売していて、Uターン就職に誘う。爬虫類、両生類などのショップ「爬虫類倶楽部」は、生き物の世話や接客社員として採用したいといい、勤務先も東京・中野、埼玉・大宮と具体的だ。

   12日(2021年8月)の「めざまし8」にゲスト出演していた入江選手は、「爬虫類倶楽部さんには行ったことありますよ。ちょっと興味ひかれますね。販売や接客より、やはり飼育にかかわりたいです」と乗り気だ。

   情報キャスターの倉田大誠「おお、目が輝いてきました」

   ほかにも、「ウチの飼育員にぜひ」という水族館や動物園はたくさんありそうだし、カエルを看板キャラクターにしたシリアル食品メーカーや劇団、薬品メーカーもある。入江選手の争奪戦が始まりそうだ。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中