2021年 9月 23日 (木)

電動キックボード事故で送検も 谷原章介「このまま無法が横行すると...」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「電動キックボードの危険運転で、警視庁は20代の女性を書類送検しました」と司会の永島優美アナが27日(2021年8月)、伝える。女は飲食店従業員で、6月に東京・新宿の交差点に信号を無視して進入し、タクシーと衝突して乗客にけがを負わせた。免許も取得しておらず、警視庁は「無免許・危険運転致死傷」と判断した。

  • 番組サイトより
    番組サイトより
  • 番組サイトより

カズレーザー「注意して終わりなんですかねえ」

   こうした電動キックボードの違法・無法運転が横行していて、都内では今年だけですでに34件の事故が起きている。フジテレビのカメラが東京・渋谷に行ってみると、たしかにムチャクチャである。歩道や横断歩道を結構なスピードで走り、原付バイクと同じ扱いなのでナンバープレートやミラーなども付けなければいけないのだが、それもついていない。蛇行運転もへっちゃらである。

   歩道を走行していた白のミニワンピースが素敵な女性に話を聞こうとすると、「うるせーよ。話しかけんな、クソ!」と悪態をついて走り去った。違法運転は懲役3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金で、横断歩道を走行していた男性は警察官に停止させられた。男性は「ナンバー付けないとだめと注意されました。知らなかった」と話したが、知らなかったわけはないだろう。

   スペシャルキャスターのカズレーザー(お笑いタレント)は「注意して終わりなんですかねえ」と首をかしげる。これが原付バイクだったら、即検挙だろう。

   司会の谷原章介「きちんと法律とルールを守っている人が多いのに、このまま無法が横行すると、すべて禁止ということになってしまうかもしれません」

   まずは違法走行を片っ端から摘発することだろう。

(カズキ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中