2021年 9月 17日 (金)

硫酸事件スピード逮捕で注目 「防犯カメラ」の実力と懸念点

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京メトロ白銀高輪駅で22歳の会社員男性が硫酸をかけられて重傷を負った事件は、24日(2021年8月)の発生からわずか4日後、沖縄県中城村の公園で花森弘卓容疑者(25)が身柄を確保され、傷害の疑いで逮捕された。30日の「めざまし8」ではスピード逮捕の鍵となった防犯カメラの映像を用いたリレー捜査と異例の早期公開手配に迫った。

  • 番組サイトより
    番組サイトより
  • 番組サイトより

映像を公開

   犯行前の24日正午過ぎ、花森容疑者は全身黒ずくめの姿で静岡県内を歩く姿がカメラにとらえられていた。この数時間後、東京港区の赤坂見附駅付近でワイシャツ姿の2人組の後をつけているような映像も。別のカメラでは駅に入っていく姿もしっかり記録されていた。犯行現場となった白金高輪駅では白い手袋でガラス瓶を握っている姿もとらえられていたが、警視庁は事件発生からわずか数時間でこの防犯カメラ映像を公表するという異例の公開手配を行い、花森容疑者を追い詰めた。

   身柄確保時、名前を尋ねられた花森容疑者は「スナガワです」と偽名で答えるも任意同行には素直に応じた。所持していたカバンの中には着替えや現金約50万円などが入っていた。花森容疑者は28日に沖縄から移送されたが、羽田空港では記者たちの質問に一切答えず、一点を見つめたまま警察車両に乗り込んでいった。

   静岡大学農学部に通い、静岡市内の一戸建てに住む花森容疑者。両親は他界し一人暮らしで、家宅捜査では硫酸などの薬品は見つかっていないという。小学校の卒業文集に「将来の夢は生物学者」と書くなど生き物好きで、自宅ガレージからはカブトムシも見つかっている一方、琉球大学在学中には沖縄の固有種をオークションに出すなど問題も起こしていた。

   被害者とは琉球大学時代のサークル、映画研究会での知り合いで、花森容疑者は今年4月に名簿を探すためにサークルを訪れていたほか、事件1カ月前には六本木周辺で被害者と立ち話をしたとみられている。警視庁は容疑者と被害者は親密な関係ではなく、一方的に恨みを募らせた可能性があるとみている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中