2022年 1月 24日 (月)

「ナイト・ドクター」野呂佳代に「隠れMVP」の声 「ああいう看護師さんいるいる~!」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   連続ドラマ「Night Doctor(ナイト・ドクター)」(フジテレビ系)最終回が、9月13日(2021年)に放送された。

   本郷亨(沢村一樹さん)がナイト・ドクターチームの解散を言い渡した日の夜、3件の事故が同時に発生した。深澤新(岸優太さん)は看護師の益田舞子(野呂佳代さん)とともに、ゴミ処理場でコンベアに右足を巻き込まれてしまった作業員・鳥山の治療に向かった。

   取り乱した他の作業員から「テメェ、鳥山殺したらマジで許さねぇからな!絶対に助けろよ!」などと大声を出されたが、深澤は「ぜ、全力を尽くします」としどろもどろに返すことしかできない。益田は「大丈夫かしら...」とつぶやく。

  • フジテレビの「Night Doctor(ナイト・ドクター)」番組サイトより
    フジテレビの「Night Doctor(ナイト・ドクター)」番組サイトより
  • フジテレビの「Night Doctor(ナイト・ドクター)」番組サイトより

医師・深澤を温かく見つめ続ける

   救出に時間がかかり、鳥山に命の危険が迫っていた。益田は「先生、脈の振れ弱いです」「このままだと出血で心停止しちゃいます」などと的確に声をかけながらサポートしつつ、心配そうに深澤を見つめる。

   先輩医師の成瀬暁人(田中圭さん)から電話で「右足はあきらめるしかないんじゃないのか」とアドバイスを受けた深澤は、鳥山の「先生、俺死にたくねぇよ...」という言葉もあり、右足の切断を決断。他の作業員たちが

「おい先生、こいつの体を何だと思ってんだよ。物じゃねえんだよ!他に方法はねぇのかよ。歩けなくなったら、こいつはこれから、どうやってやってくんだよ」

などと騒ぎ立てると、深澤は「静かにしてください!」と一喝。益田は驚いた顔で深澤を見る。

「自分は生きたくても生きられなかった人たちをたくさん見てきました。でも鳥山さんは、今なら助けられます。彼に生きてほしいと思うなら、黙っていてください!」

と力強く訴えた深澤に、益田は改めて彼をサポートしようという決意を固めたような表情をしていた。

   鳥山の搬送中、同行した作業員仲間(前田旺志郎さん)が、鳥山が「ゴミ処理場の汚い、臭いというイメージを変えたい」という意志を持って仕事をしていたと明かす。深澤が

「生きてさえいれば、きっと叶えられます。それに、鳥山さんには、あなたのような仲間がたくさんいるじゃないですか」

と優しく声をかけると、作業員の目に涙が。益田はそんな2人のやり取りを微笑みながら見ていた。

「野呂ちゃんの安心感すごかった」

   野呂さんの役どころはメーンキャストと比べてセリフは多くなかったものの、「表情の演技が素晴らしい」と話題に。ツイッターなどでは、

「個人的に野呂さんの役がとっても好きだったな~ 『ああいう看護師さんいるいる~!』ってめっちゃ嬉しかった」
「このドラマにおいて野呂佳代の存在が一番大きかったなーと思うのです」
「ナイトドクターの隠れMVPはぜったい野呂ちゃん 野呂ちゃんの安心感すごかった」

といった声が上がっていた。

   野呂さんは最終回の放送終了後、自身のツイッターで

「本当にドラマに出演できて、参加できて良かったです。間違いなく、人生の大事なポイントになりました。また皆さんと共演できますように、応援してくれた視聴者の皆さんにお会いできますように がんばります」

と投稿している。

(TT)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中