2021年 10月 21日 (木)

新宿を走る都電の映像 「テンポよく淡々と」で好感もったが...

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   <10分で巡る にっぽんの廃線「関東甲信越(前編)」(NHK総合)>日曜(2021年9月12日)の朝、テレビをつけたら、懐かしい都電の映像が流れていた。『懐かしい』と言っても実際に走っているところを見ていたわけではないので、正確に言えば「懐かしそう」なのだが......。

   番組は、NHKに残るアーカイブ秘蔵映像から、今は廃線となった懐かしい鉄道たちを振り返るもので、各路線をテンポよく繋いでいく、わずか10分のミニ番組だった。

  • 思わず「懐かしい」と…(画像はイメージ)
    思わず「懐かしい」と…(画像はイメージ)
  • 思わず「懐かしい」と…(画像はイメージ)

その変貌ぶりが見られるのも一興

   勝鬨橋を走る都電、日比谷、銀座、渋谷、新宿を走る都電の映像に目が奪われる。新宿・靖国通りを走る都電。よく見れば、その後ろには、「紀伊國屋書店」と書かれた看板や、伊勢丹も見える。そんなふうに、当時の都電の映像のあとに、同じ場所の現在の街並みが映るので、その変貌ぶりが見られるのも一興だ。

   この手の番組を長尺にしようとすると、おなじみの芸能人鉄道ファンがしゃしゃり出て、悪はしゃぎし、一般視聴者は置いてけぼりだったりするが、この番組は時間も限られており、そういう余計なものは一切なく、淡々と進むところに好感がもてる。

   ところが、番組の終わりに「NHKアーカイブスのホームページでは番組で取り上げた路線以外の映像もご覧いただけます。是非アクセスしてください」とアナウンスが......。結局は番組の体をした宣伝だったか、と少し興醒め。

(子守熊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中