2021年 10月 23日 (土)

「THE TIME,」本番前に「池」に転落 若狭アナ「悔しいのは...」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「THE TIME,」の目玉コーナーのひとつが「ニッポンの朝がみえる!列島リアルタイム中継」。系列局のアナウンサーが地元の話題を全国に伝えるコーナーで、今日7日(2021年10月)の中継では「我らが地元の人間遺産」をテーマに、ミニチュア姫路城を19年かけて三重県伊勢市に作った井村裕保さん(83)、郁子さん(80)夫妻と、山口県でチェーンソーアートを作る林隆雄さんを取り上げたのだが、ちょっと気の毒なハプニングも起きた。

  • 番組ツイッターより
    番組ツイッターより
  • 番組ツイッターより

ミニチュア姫路城を紹介

   生中継で「山口県が誇る人間遺産、チェーンソー作家の林隆雄さんです」とチェーンソーアートを紹介するのはtysの原千晶アナウンサー。チェーンソーアートとは、チェーンソーを駆使した彫刻で、出来栄えを競う大会が世界中で開かれている。林さんは本場アメリカの大会を含めて国際大会で11回優勝。取材現場にはミーアキャットやウサギやサルなどの動物たちが並ぶが、とてもチェーンソーで彫ったとは思えないリアルな出来栄えだ。

   さらに、TBSのキャラクター、BooBoも彫られていたが、これは番組取材に合わせてわずか1時間で彫ったものだという。

   生中継ではチェンソーアートの実演を行う時間がなかったため、チャレンジしたのはリンゴの皮むき。チェーンソーを使って削るように剥かれたリンゴに原アナウンサーがかぶりついていた。

   一方、ミニチュア姫路城を取材したのはCBCの若狭敬一アナウンサー。のどかに広がる田園風景の中に、突然現れる23分の1サイズのミニチュア姫路城だが、これは井村さん夫婦が自宅敷地内に1800万円の費用と19年の月日をかけて作ったものだ。

   中学時代の少年雑誌に載っていた姫路城に感動した井村さん、「大人になったらこんな城を作りたいな」と思っていたという一方、郁子さんは「箱庭みたいなものを作るのかなと思っていた。今まで苦労して作ってきたので、これでまた好きなことできるんならいいかな」と語る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中