2021年 10月 23日 (土)

ママ(原田知世)がノリノリ 笑い&癒しの不思議な魅力 【スナック キズツキ】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「スナック キズツキ」は益田ミリ原作漫画がドラマ化。10月9日未明(8日深夜枠)、テレビ東京系列でスタートした。お酒を置いていない裏路地「スナック キズツキ」は、傷ついた人だけがたどり着けるちょっと変わった店。お客さんは日常でたまったストレスや「傷」を癒しに訪れると、スナックのママ、トウコ(原田知世)がお客さんと一緒ストレスを発散するというストーリー。

  • テレビ東京の番組サイトより
    テレビ東京の番組サイトより
  • テレビ東京の番組サイトより

歌っちゃうの?

   第1話のお客さんはコールセンターで働くナカタさん(成海璃子)。物語が始まる前から、クレーマー処理でストレス満載なのがわかる。恋人に日々の出来事や傷ついた気持ちを打ち明けたいのに、その恋人も自分勝手ですれ違いが多い。ナカタさんがスナックの扉を開けると「いらっしゃい」と迎えたのがトウコママ。お客さんになっている視聴者は、当然トウコママにじっくりと集中する。ピンで留めたどこかあか抜けないボブスタイル、真っ白な綿のロングシャツ、それにナチュラルなメイクでふんわりと登場。「原田知世さんを見ているだけで幸せな気持ちになれる」「トウコさんを知世ちゃんがどんな感じに演じるのか気になりまくり」 「知世ちゃんなりの優しさが滲みでる」と好意的なネット反応が目についた。

   ナカタさんが頼んだソイラテを作るトウコさんは、まったく急ぐ様子もなくコーヒーを淹れていたが、香り立つような雰囲気がなんとも心休まる。ナカタさんは何も語らないうちから眉間のシワが緩んでハッピーな表情に。こんなスナックがあったら行ってみたいものだ。お酒なんぞはむしろいらない。

   トウコさんの奏でるギターに合わせて、熱唱タイムが始まったときには、歌っちゃうの?とまさかの展開に笑えた。トウコさんに「あんたの気持ちを歌って。合わせるから好きにやって」って言われたってそりゃ歌えるもんじゃない。ところがトウコさんのギターは始まっちゃうっちゃうし、さらにマイクを渡されてあっという間に自分の世界に入るナカタさん。彼氏への文句を2番に歌い出した時には文句なしにウケてしまった。トウコママの合いの手もノリがよく、「トウコさんの『もろきゅぅぅうっ!』最高!シュールだわ」など大反響。

   傷ついた人の気持ちがちょっと晴れるなんとも不思議な「スナックキズツキ」だが、傷つけてしまった人もまたフラリと傷ついた心を癒しにやってくる。ドラマの主題はこの「キズツキ」の連鎖なのでしょう。トウコさんの癒しの連鎖がどんな風に展開するのか楽しみである。

   そういえば、ナカタさんが食べてたカレーがおいしそうだったが、スナックメニューにも注目したい。

(Y・U)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中