2022年 1月 19日 (水)

ノンスタ石田明は「子育て優先」 井上裕介が「仕事しろや」と言えないワケ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   お笑いコンビ「オードリー」がホストを務めるトークバラエティー番組「あちこちオードリー」(テレビ東京系)10月20日(2021年)放送回のゲストは、オードリーと同期で親交のあるNON STYLEの2人だった。

   2008年の「M-1グランプリ」で最終決戦の3組に残り、しのぎを削った仲でもある2組とあって、ざっくばらんにトークが展開。若林正恭さんが石田明さんに「ずーっとネタ書いてるでしょ。お芝居も書くし、好きなんだね、とにかく」と話を振ったことで、石田さんが家族について語り始める。

  • 石田明さん(2017年撮影)
    石田明さん(2017年撮影)
  • 石田明さん(2017年撮影)

「子育てしたいから、仕事来ても断るのよ」

   石田さん「趣味があんまりないから」

   若林さん「家族か、ネタ書くか」

   石田さん「それで十分やからね」

   石田さんは2012年に結婚、17年に双子、20年に第3子が生まれ、今や3人の娘の父親だ。

   NON STYLEの2人は、仕事で「(月に)ほっとんど会わへんなぁ」(井上裕介さん)とのこと。

   井上さん「(石田さんが)子育てしたいから、仕事来ても断るのよ。俺からしたらもっとバリバリ働いてくれよと思うやん。否定もできへんやん。『子育てしたい』をさ、『お前何子育て言うてんねん、仕事しろや』って、叩かれるやん」

   若林さん「井上くんからしたらNON STYLEでどんどん2人で出たい気持ちはあるけど、言いにくい?」

   井上さん「子育てやもん~。テレビの仕事とか断ってるけど、しっかりネタの本数増えるから、余計言われへんやん。それやったら、休みたいんやったらええかって」

「カッコいいな」「一気に好きになったわ」

   石田さんが家族との生活に重きを置くようになったきっかけがあったという。

   石田さん「めちゃくちゃ働いてきたやん、ずーっと休まずに何年も働いてきたやんか。その時はそれが幸せやと思ってたけど、特にコロナ禍入って、1回3カ月間お芝居が入っててんけど、それが全部なくなったんよ。(所属事務所の)吉本(興業)はそれ埋めようとしてんけど、『ちょっと待ってください。1回休ませてください』って。そんなに休んだことないから。結構休ましてもらったんよ。(ここにいる)みんな気付いてない。豊かさは、ここにはない」

   テレビに出演しながら強く断言する石田さんに笑いつつ、自身も1児の父である春日俊彰さんは「石田くんなんかはうらやましいとは思うよね。やることはやってて子育てもっていうのが」、若林さんも「似合うよね、子育てしてて、仕事もしてる姿が」とその姿勢を肯定していた。

   ツイッターなどでも、

「子育てしたいでセーブ、カッコいいな」
「NON STYLE石田さん、今まで気にしたこともなかったけど、子育てのために仕事断ってる、幸せは家庭の中にあったって話聞いて、一気に好きになったわ」
「石田くんの子育て話、沁みる。家族と過ごす時間を大切にして欲しい」

と、石田さんの働き方に好感を持つ人が多く見受けられた。

(TT)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中