2021年 12月 6日 (月)

安住紳一郎に励まされた豊福海央アナ リベンジ中継の結末は...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「THE TIME,」の名物コーナー「列島リアルタイム中継」。今日26日(2021年10月)は「うちの地元のたぶんこの人日本一」をテーマに各地の記録保持者を紹介したが、愛媛県西予市宇和町からはitvの豊福海央アナウンサーが19日の岩屋寺奥の院に続いて、体をはった中継にチャレンジした。

  • 番組ツイッターより
    番組ツイッターより
  • 番組ツイッターより

「毎回きつい中継続くね」

   愛媛県内有数の米どころ宇和町の宇和米博物館は、木造の旧宇和町小学校を移築したものだが、この旧校舎の自慢は長さ109メートルの木造廊下。そして、この廊下を舞台に繰り広げられているのが雑巾掛け100メートルレースの「Z?1グランプリinせいよ」だ。新型コロナの影響で2年連続で中止されているが、今回は「開催したかった」「出場したかった」という地元の思いを乗せ、小学6年生の和氣永佳さんが小学生女子の最高タイム25秒53の記録更新を狙う特別レースが開かれた。

   対戦相手は豊福アナ。スタートの合図とともに素早く飛び出す和氣さんに対し、豊福アナは直後に転倒。和氣さんはどんどん差を広げ、100メートルを24秒の新記録でゴール。

   「どうですか、今の気持ちは」という実況のitv山田祐也アナウンサーに和氣さんは「記録更新ができたのでよかったと思います」

   しかし、この時点で豊福アナはまだゴールから40メートル地点をよろよろと走行中。

   司会の安住紳一郎「がんばれがんばれ豊福。もう無理かな?毎回きつい中継続くね。太ももくるもんね」

   宇賀神メグアナウンサー「がんばれ!がんばれ!」

   スタジオからの声援が続く中、豊福アナは1分56秒のタイムでゴールした。

   安住紳一郎「大丈夫かな。本当に豊福さん心から応援しています」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中