2022年 5月 29日 (日)

高木美帆の「得意種目でないのに銀メダル」 谷原章介「ますます期待できますね」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   きのう13 日(2022年2月)、北京五輪のスピードスケート女子500メートルが行われ、5種目に出場する高木美帆選手(27)と、前回に金メダルを獲得した小平奈緒選手(35)も出場。先に高木選手がスタート、記録は自己ベストの37秒12。右手を挙げて渾身のガッツポーズを見せた。その後に小平選手が2連覇を目指したが、まさかの失速で38秒09の17位だった。

   高木は残りの選手の記録を待っていたが、アメリカの選手が37秒04となり金メダル。高木選手は銀メダルとなった。その瞬間の声をマイクが拾っていた。拳を突き上げ、「勝った、勝った、よっしゃー」。得意の1500メートルの銀には悔しさを滲ませていたが、500メートルの銀には喜びを爆発させた。

  • スケート競技の結果にも注目が集まっている
    スケート競技の結果にも注目が集まっている
  • スケート競技の結果にも注目が集まっている

中距離、長距離が得意といわれている

   会見では「このオリンピック、苦しい時期が続く中、ベストを出せたことで最後まで挑戦して良かったなと思います」と話していた。

   司会の谷原章介が長野五輪スピードスケート女子500メートルで銅メダルを獲得した岡崎朋美さんに聞く。「得意種目でないのに銀メダル。どれぐらいすごいことなんでしょうか」。

   岡崎さん「すごいことですよ。本職のスプリンターだって、メダルを取ることは大変なことなのに、ひょいと勝つんだから」

   高木選手は元々は中距離、長距離が得意といわれているが、500メートルの練習もしており、500メートルにも出場することになったという。

   谷原「(高木選手も出場した)女子団体パシュート準々決勝でオリンピックレコードを出しました。ますます期待できますね」

(一ツ石)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中