2022年 5月 17日 (火)

「ソリが泣いた...もらい泣き」とSNS 徹子の部屋で反町隆史、水谷豊の手紙に涙のワケ あす「相棒」卒業

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   3月22日(2022年)放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に、俳優の反町隆史さんがゲスト出演した。

   同局のドラマ「相棒」で特命係の冠城亘(かぶらぎ・わたる)を演じている反町さん。3月23日放送の「相棒 season20」最終回をもって、7年間務めてきた杉下右京(水谷豊さん)の相棒を卒業する。

  • テレビ朝日「相棒20」公式サイトより
    テレビ朝日「相棒20」公式サイトより
  • テレビ朝日「相棒20」公式サイトより

「ソリが選んだ道~いかなる道であろうと賛成です」

   黒柳徹子さんが「相棒をご卒業になる反町さんへの想いを水谷さんにうかがったお手紙があります」と切り出すと、反町さんは口を両手で覆い「えっ、本当に!?」と驚いた。

「撮影期間7カ月 毎年始まる前はしばらく戻ってこられない遠洋漁業にでも出るような気持ちになります 長い時間一緒にいると相手の日々の状態も分かってくるものですが ソリは体も そして精神も タフな相棒でした」
「2人の娘さんを留学させるべきかどうか 娘さんにどうしてあげたらいいのか 悩んでいる時に垣間見せた人として父親としてのソリの顔がとても印象的でした 北海道ロケ スタッフ達も一緒に何日か宿の温泉に入った時のこと ソリから体に良いからと温泉と水風呂を交互に2回入るようにとのオーダーがあったのですが 北海道の水のなんと冷たいこと 3日目に『水風呂2回入りましたか?』とソリに聞かれて『もちろん!』と答えましたが 実は1回しか入っていませんでした 他愛のない時間のなんと楽しかったことか」
「相棒で7年付き合ったからこそ言えることですが ソリが選んだ道はそれがいかなる道であろうと賛成です (今後の反町さんへのメッセージ)人生 仕事 これまで積み重ねてきたことが役者として発揮できるのは50歳からだと思います ちょうどソリの今の年代です これまで近くでいろいろなソリを見てきたからこそ言えるのですが この先 相棒の冠城亘とも違う魅力的な役者 反町隆史を見られることをとても楽しみにしています 終わってみればやはり長かったような あっという間のような7年間でした ソリ、サンキュー!」

   黒柳さんが手紙を読んでいる途中から反町さんは目を潤ませ、北海道のエピソードからはタオルで目尻をぬぐいながら聞いていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中