2022年 5月 22日 (日)

激しい寒暖差、今日は何着る? 「あるお笑い芸人のアドバイスが話題に」(岩田絵里奈アナ)

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   「きのう10日(2022年4月)は暑かったですよね。半袖着ても汗ばむ陽気でした。寒暖差が続いています」と11日の「スッキリ」で岩田絵里奈アナが切り出し、「そこで、今日何を着るかについて、あるお笑い芸人のアドバイスが話題になっています」と取り上げた。

   先週の東京の気温を見ると、1日の最高気温と最低気温の差が10度以上という日が4日間もあった。暑いのか、寒いのか、着ていく服に困っている人のために、お笑いコンビコットンの西村真二がほぼ毎朝、ツイッターで投稿しているというのだ。

  • 明日の天気は…(写真はイメージ)
    明日の天気は…(写真はイメージ)
  • 明日の天気は…(写真はイメージ)

「物凄く細かいんです」

   例えば、きょう11日は「【まだ家を出ていない人へ】(最高気温が24度、夜も18度と伝え)感覚は『1日シャツやロンTでいけるけど一応軽い羽織りものも持っていくか』の日です。夕方まではエアリズムにロンTやシャツでいけます。夜は少し肌寒いので薄手のジャケットなどがあると安心です。僕をスッキリ信じてください」といった調子だ。

   岩田によると、「物凄く細かいんです。『西村さんのアドバイス通りの服装で出掛けます』という多くの反響があります」

   西村はお笑いの世界に入る前は広島市のテレビ局でアナウンサーをしていた。投稿を始めたのは「天気予報を読んだ時に今日は長袖で大丈夫ですよとか、今日は冬のコートがいりますなど、つぶやいたのが、いいねや、リツイートがたくさんされて、それがきっかけに」と話す。

   番組ではスタジオに気象予報士の松並健治と西村を招いた。西村は天気情報をチェックして外に出て肌感覚でおススメの服装を決め、最後は「僕を信じてください」で締める。

   きょうの11日について、松並「大体概ね、この通りと思いますが、半袖という言葉が一言もないのが、ちょっとアマチュアかなと思っちゃいました」

   西村「明日から投稿する前に添削してもらいます」

   岩田「明日からも楽しみに見させていただきます」

(一ツ石)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中