2022年 8月 13日 (土)

「下手したら、グラブをバーン!と」 佐々木朗希の交代劇に石原良純が「分析」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「プロ野球ロッテの佐々木朗希選手、8回までランナーを1人も出さない完璧なピッチングを見せました」と司会の羽鳥慎一。18日(2022年4月)の「モーニングショー」は、17日に行われたロッテ×日本ハム戦での佐々木投手の活躍を報じた。

   森山みなみアナは「佐々木朗希投手はきのう、8回まで102球を投げて、奪3振は14。完全試合まであと1イニングでしたが、9回のマウンドには上がらず降板となりました。2試合連続の完全試合は逃しましたが、17イニング連続無安打は日本新記録となります」と伝えた。

  • またも大記録が?と試合経過に注目が集まった(写真はイメージ)
    またも大記録が?と試合経過に注目が集まった(写真はイメージ)
  • またも大記録が?と試合経過に注目が集まった(写真はイメージ)

「首脳陣との意思疎通がちゃんとできているということ」

   森山アナは、佐々木投手の8回降板についてのロッテの井口資仁監督のコメントも紹介。「素晴らしい投球で、できれば我々も最後まで観たかった。7回終わった時点でちょっとへばりつつあったので、先々を考えると限界。点を取っていても8回で変わっていた」というものだ。

   試合後、佐々木投手は「途中疲れている部分があった中での首脳陣の判断なので、納得する形で降りました」と話したという。

   試合は延長10回の末、0対1でロッテが敗れた。

   羽鳥は「すごいですね、もう。いやぁ、すごい!」と言葉が見つからない様子。

   気象予報士でタレントの石原良純は「納得して降りられるというのは、首脳陣との意思疎通がちゃんとできているということ。下手したら、グラブをバーン!と投げつけて降板するなんてこともあるじゃないですか。佐々木投手はまだ20歳で、これからに期待していくということを、首脳陣も見ているし、ファンも温かく見守れるし、自分自身もやっぱりその中で頑張っていこうということなんでしょうね」とコメント。

   テレビ朝日のコメンテーター玉川徹は降板に納得がいかないようで、「2試合連続(完全試合)って過去にないわけでしょ?日本以外でもないんでしょ?あと3人でしょ?うーん...。羽鳥さん的には『これは投げさせた方が良かったですよ』か『やはり長いことを考えれば、これは温存ですよ』か。どっちが正解ですか?」と質問。

   いきなり振られた羽鳥は「どっちでもいいですよ(笑)」と困り顔を作った後、「特にきのう球場にいた人は、『あと3人見たかった』と思うでしょうね」とコメントした。

   石原「こんな話になるなんて誰も思っていなかった。野球解説の方が『佐々木朗希は器が違う。今シーズン中にもう1回完全試合する』って言ってたけど、『まさか!』って。でもきのう8回まで行っちゃった。訳が分からない」

(ピノコ)

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中