2022年 5月 28日 (土)

三條アナ流「朝ドラ送り」の評判 「可愛かった」「私には刺さった」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   4月19日(2022年)放送の朝のニュース「おはよう日本」(NHK総合)エンディングが、新体制となってから珍しく本格的な「朝ドラ送り」だったとツイッターなどで話題になった。

   気象予報終了後に「さぁ、この後は『ちむどんどん』ですけれども」と切り出した首藤奈知子キャスターは、前日放送の「ちむどんどん」で、ヒロインの父・賢三(大森南朋さん)が亡くなったことを受けて、「お父さんショックでしたねぇ」と、三條雅幸キャスターに話を振る。

  • NHKの「ちむどんどん」番組サイトより
    NHKの「ちむどんどん」番組サイトより
  • NHKの「ちむどんどん」番組サイトより

「高瀬イズムを継承すべく...」の声も

   三條アナは「早すぎですよね」と同調しつつ、

「ただあの、お父さんと暢子が作った沖縄そばを食べた和彦くんが、そろそろ活躍するんじゃないかなと、勝手な期待を...」

と言ったところで時間切れとなった。

   「おはよう日本」キャスター前任の高瀬耕造アナが「朝ドラ送り」に力を入れていたこともあり、「あさイチ」オープニングの「朝ドラ受け」も含めて朝ドラを楽しんでいる視聴者も少なくない。4月にキャスターを交代してからの「おはよう日本」ではこれまで、前任者への遠慮もあってか(?)、高瀬アナの新担当番組での「朝ドラ送り」を話題にしたりする程度だったが、この日の「朝ドラ送り」放送後はツイッターなどで、

「三條さんの朝ドラ送り見れたから幸せ」
「三條アナの朝ドラ送り...!!『和彦くん』呼びが可愛かった」
「高瀬イズムを継承すべく、真面目で一所懸命、尺ギリギリ、いや、収まってなかったくらいの語りが私には刺さった」

などと盛り上がりをみせていた。

(TT)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中