2022年 5月 24日 (火)

ミラ・ジョヴォヴィッチ娘の「流ちょうな日本語」 加藤浩次「すごいな」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「まずはウクライナで新たな局面です」と、森圭介アナウンサーが20日(2022年4月)の「スッキリが選んだけさの一面」で伝えた。

  • さまざまな話題を続けて紹介(写真はイメージ)
    さまざまな話題を続けて紹介(写真はイメージ)
  • さまざまな話題を続けて紹介(写真はイメージ)

吉野家問題の続報も紹介

   ウクライナ侵略を止めないロシアは東部と南部の1260の標的をミサイル攻撃したと発表。これは前日18日の4倍だ。画面には、重要拠点の都市マリウポリにある製鉄所地下シェルターの模様という映像が流れた。子供や女性、高齢者1000人が避難しているが、ロシアは「作戦を続ける」とラブロフ外相が19日も言い切った。

   番組後半のニュースコーナーでも、東部の諸都市で「攻撃による爆発で少なくとも1人死亡、3人がけがをした」(AP通信)といった情報が飛びかった。米国防総省は「より大規模な攻撃の前触れで、ロシアは兵力を投入し続けている」と分析する。ここでも、顔中を血だらけにされ、手当てを受けるお年寄りの映像が流れた。こんな残虐行為がいつまで公然と続くのだろうか。

   「けさの一面」はほかに、牛丼の吉野家が大学の社会人向け講座で若い女性への牛丼マーケティングに薬物中毒を連想させる発言をした常務取締役(49)を解任すると発表、川崎市のゴミ集積所で赤ちゃんの遺体発見といったニュースがあった。

   さらに、ウクライナ生まれの米国女優ミラ・ジョヴォヴィッチさんの14歳の娘エヴァーさんの流ちょうな日本語がSNSで評判という話題も。これには「すごいな」と司会の加藤浩次も感心していた。

(あっちゃん)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中