2023年 5月 30日 (火)

4630万円誤給付で「雲隠れ」男性 加藤浩次「やっぱり、おかしい」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   山口県阿武町で新型コロナ対策臨時給付金を誤って支払い、1人の男性に4630万円が振り込まれた問題で、男性は「もう戻せない」と返金を拒否している。町は今月12日(2022年5月)、返金を求めて民事訴訟を起こした。16日の「スッキリ」はこの問題を取り上げた。

  • 「多額の公金」の行方に注目が集まっている
    「多額の公金」の行方に注目が集まっている
  • 「多額の公金」の行方に注目が集まっている

町長「何とか取り戻したい」

   リポーターの大竹真が現地に向かった。町は田んぼが広がり、農家が点在するのどかな風景だ。人口約3100人。誤って大金が振り込まれた男性(24)は、町の「空き家バンク」を利用し、1人で暮らしている。

   副町長によると、ミス当日の先月8日、職員が4630万円を振り込まれたことを説明し、男性は取り消しの手続きに同意した。一緒に車で金融機関に行ったが、玄関の前で急に態度を変え、「きょうは手続きはしない。弁護士に相談するので公文書を郵送をしてくれ」と言い出した。

   それから約2週間後の先月21日に職員が男性の自宅を訪れると、「もうお金はない。犯罪になることはわかっている。罪は償う」と言い残して行方がわからなくなったという。

   花田憲彦町長は「町民の大切な公金でありますし、それも多額な公金でありますから、何とか取り戻したい」といっている。

   永井美奈子(元日本テレビアナウンサー)「まだ24歳ですから、こんなことで自分の人生を棒にふるのは、考え直してしてほしいですね」

   司会の加藤浩次「なんで彼はいなくなってしまったのか。おかしいですよ。そこはしっかり責められなきゃいけない。自分のお金じゃないですから。雲隠れして、お金は全然ないなんて、やっぱり、おかしいですよ」と強く訴えた。

(一ツ石)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中