恋マジ純(広瀬アリス)、それ言っちゃう? 柊磨親子の反応のやっぱり

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   恋愛経験がない桜沢純(広瀬アリス)と謎のイケメン・長峰柊磨(松村北斗/SixTONES)を中心に、6人の男女が繰り広げる群像ラブストーリー「恋なんて、本気でやってどうするの?」(カンテレ、フジテレビ系)。

   第8話では3組の恋がそれぞれ大きく動きましたが、順調だった純と柊磨にも......。(ネタバレあり)

  • 広瀬アリスさん
    広瀬アリスさん
  • 広瀬アリスさん

店を手伝いたいと...

   原因は柊磨の母、真弓(斉藤由貴)。アルコール依存症の施設を抜け出して柊磨のもとに転がり込んでいた真弓は、ビストロ「サリュー」を手伝いたいと言い、柊磨もこれを受け入れることになりました。

   しかし、物覚えが悪く店の雰囲気にも合わない真弓を見かねた純は、柊磨に「やめておいた方がいいんじゃない?店の品格にも関わるし」と言ってしまいます。柊磨に言われて外で野菜の皮むきを手伝っていた真弓に対しても、「たくさんむいてくださって助かります。お店が繁盛していてみんな今大忙しで」と上から目線で発言。真弓が「あんたが言ったんでしょ、私を店に出すなって」と怒りをぶつけると、純は「申し訳ありません。でも今お店が一番大事な時期なんです。柊磨さんのことを一番に考えてあげられないでしょうか」と頭を下げますが、「私が母親失格だって言いたいんだ」とさらなる怒りを買ってしまいました。

   気を取り直して、柊磨との早朝ドライブデートに真弓を誘った純。広大な自然の中で柊磨が子供の頃の思い出トークに花が咲き、仲直りするかと思いきや、またもや純が発した余計な言葉が真弓を傷つけてしまいます。

「頑張りましょうよ。私もできるだけサポートします、依存症を治すのってすごく大変なことですよね。でも真弓さんは立派です。ちゃんとご自分で自覚されて克服されて、頑張ってらっしゃって」

   ずけずけと踏み込んでくる純に対して、真弓は「馬鹿にしないでよ、私はなんでも一人で頑張ってきたの。柊磨を一人で育ててきたの。あなたに私の何が分かるの? 偉そうなこと言わないで」と怒り心頭。仲直りどころか、さらに険悪な雰囲気となってしまいました。

姉妹サイト