2023年 6月 3日 (土)

暢子、恋に動揺→決意→やっぱり動揺 【ちむどんどん 第13週の見どころ】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   比嘉暢子(黒島結菜)は青柳和彦(宮沢氷魚)に恋していることを自覚。初めて経験するその感情に、仕事も手につかなくなるほど振り回されてしまう。

   見かねたシェフの二ツ橋光二(高嶋政伸)はアドバイスするが、暢子の揺れ動く心はなかなか制御できないのだった。

  • NHKの「ちむどんどん」番組サイトより
    NHKの「ちむどんどん」番組サイトより
  • NHKの「ちむどんどん」番組サイトより

歌子の決断は?

   一方の和彦は、同僚の大野愛(飯豊まりえ)との結婚準備を進めていた。しかし、2人の間には前にはなかった亀裂が生まれ始めていた。

   そんな中、「アッラ・フォンターナ」に事件が起きる。厨房スタッフ3人が同時に店をやめてしまったのだ。その日の店の開店も絶望的な状況に置かれ、スタッフたちが騒然とする。

   そんな中、店に愛がやってくる。和彦との関係が微妙に変わってきていることを敏感に感じ取り、暢子と話をしにきたのだった。

   愛との話を終え、暢子は和彦への気持ちをあきらめることを決意。心新たに仕事に集中しようと心に決める。しかし、仕事を終え、鶴見に戻ると、「あまゆ」で和彦と2人きりで過ごすことになってしまう。

   同じころ、沖縄・やんばるでは良子(川口春奈)がある生徒のことで仕事に行き詰っていた。良子は、悩んだ末、別居中の夫・石川博夫(山田裕貴)を訪れる。

   そして、ある日。やんばるの比嘉家に、ある人物が訪ねてくる。その人の話から家族も知らない亡き父・賢三(大森南朋)の過去を聞いた歌子(上白石萌歌)は、あることを決断する。

   一方、東洋新聞社では、愛が大きなチャンスをつかもうとしていた。ずっとやりたかったファッション特集の担当に命じられたのだ。

   しかし、企画づくりが思うようにいかない。行き詰った愛は、暢子、和彦、そして砂川智(前田公輝)に協力を依頼する。それぞれの思いを胸に抱えた4人は、ギクシャクしながらも企画づくりに挑む。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中