加藤浩次「オレ、何言うかわかんないよ」 「スッキリ終了へ」で森圭介アナ「最後にスッキリしようなんてやめてくださいよ」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   17年間続いた「スッキリ」が来23年3月で終了する。「番組が終わることになりました」と、きょう11日(2022年11月)の番組冒頭、森圭介アナウンサーが明らかにした。

  • 日本テレビサイトのスッキリ番組ページより
    日本テレビサイトのスッキリ番組ページより
  • 日本テレビサイトのスッキリ番組ページより

加藤浩次「オレにしてみたら、1カ月前から始まってる」

   MCの加藤浩次「もう決まりましたからね。日テレの決定ということで。僕自身も17年やらせてもらいました。17年といえば、小学校6年間、中学3年間、高校3年間、大学4年間、さらに1留(留年)してやっと卒業かと。本当に感慨深いものがあります」

   番組がスタートする前は、「加藤なんて1年で終わるだろう」と周囲から言われ、自身もそう思っていた、と告白。当初は、加藤とテレビプロデューサーのテリー伊藤が司会を務めており、「このやんちゃな2人で番組が続くわけがないと言われましたが、テリーさんと9年やらせてもらいました」と振り返った。

   加藤は「本当に感謝しかない。ありがたいと思っています」としながらも、「あと5カ月、オレ、何言うかわかんないよ」と爆弾発言。森アナが「加藤さん、最後にスッキリしようなんてやめてくださいよ。怖いこと言うの、やめてくださいよ」と突っ込むと、「これが『スッキリ』のタイトルの理由か。あいつ、スッキリしてやめやがった、と」とスタジオを沸かせた。

   その後のコーナーで、加藤が岩田絵里奈アナウンサーに対して厳しめにリアクションする場面があり、森アナが「残り5カ月のスッキリ、もう始まっていますか」と突っ込んだのだが、スイッチが入った加藤は「オレにしてみたら、1カ月前から始まってるからね。(番組終了を)きょう聞いたわけじゃないから」とまくしたて、番組終了の打診を1カ月前に受けていたことを暴露していた。

(キャンディ)

姉妹サイト