侍ジャパン、もし「決勝へ」なら 羽鳥慎一「大谷さんが胴上げ投手の可能性があるかも、と」 

   アメリカ・マイアミ入りしたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の侍ジャパンのメンバーは日本時間のきのう19日(2023年3月)、現地での練習に臨んだ。「モーニングショー」は、20日もWBC関連のニュースを全力で伝えた。

   番組は、練習の様子や準決勝の対戦相手であるメキシコの情報に加え、「アメリカに戻ってきて日本食を食べられるのは嬉しいね」というラーズ・ヌートバー選手のインタビューや、練習後にマイアミの街を散策した岡本和真選手や村上宗隆選手の話題も紹介。

  • 大谷翔平選手
    大谷翔平選手
  • 大谷翔平選手

長島一茂「劇的なフィナーレに」

   村上、岡本、佐々木朗希の3選手は準々決勝のプエルトリコ対メキシコ戦を球場で観戦したといい、村上選手は「球場の雰囲気などを味わっておきたいなと思ったので」と話していた。

   大谷翔平選手は日本時間のきょう未明に行われたインタビューで、決勝戦について「もちろん先発はないと思いますが、中継ぎで行く準備はしたい。自分の体と相談しながら決めたいなと思っています」とマウンドに上がる可能性を示唆した。

   五十嵐亮太氏(元メジャーリーガー)「これは驚きましたね。中継ぎで出るとすれば、最後、クローザーとして出てくると思います」

   羽鳥「大谷さんが胴上げ投手の可能性があるかもしれない、ということですね」

   長島一茂(元プロ野球選手)「すごく劇的なフィナーレになりますね。大谷君が9回で投げてたらすごいよね」

   羽鳥「栗山さんと始めた二刀流が、栗山さんが監督で最後を大谷さんが締めるなんて、こんな映画ありますかね、という感じですね」

   五十嵐「すごいですね、見たいですね」

   準決勝はTBS系列、テレビ朝日系列は決勝を放映するとあってか、3人は早くも決勝戦の話題で大盛り上がり。番組の最後には、羽鳥が「準決勝。見ます?難しいけど、見るしかないですね。決勝進出、応援しましょう」と締めていた。

(キャンディ)

姉妹サイト