<1年前のワイドショー>「地獄のGW」リターンズ? 去年の教訓は生かせたか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   <1年前のワイドショー>今年のGWも各地でにぎわいをみせたようですが、昨(2022)年は3年ぶりの「行動制限なし」のGWとなったため、人出の「戻り」が大きな話題になりました。ワイドショー定番のGW渋滞情報や観光地大混雑のレポートも復活しました。

   (J-CAST)ワイドショー通信簿の「『コロナぶり』のGW渋滞 ハマった時に『聴いてはいけない音楽』とは」(2022年5月3日、テレビ朝日系「モーニングショー」)は、「渋滞学」が専門の西成活裕教授が3年ぶりに番組に登場したことを取り上げています。西成教授はGWや盆暮れ時など、激しい渋滞の時期にスタジオ出演する「常連」さん。司会の羽鳥慎一さんが「コロナぶりです」といい、教授を迎えられる環境になったことへの感慨も語っていました。

  • 観光地の様子は…(写真はイメージ)
    観光地の様子は…(写真はイメージ)
  • 観光地の様子は…(写真はイメージ)

大混雑の観光地

   この日も軒並み40キロを超える大渋滞で、スタジオでは一般道の方が早いのではとの質問がでましたが、西成教授は「失敗するんですよ。下に降りると」「(高速に)乗っているほうが倍くらい早いですね」と即答。さすがです。

   イライラ解消法としては音楽を聴くのがよいといいますが、アップテンポの曲は逆効果だそうです。オペラ好きの西成教授は思いっきりオペラを歌うとあり、玉川徹さん(テレビ朝日)が「やっぱり、(オペラの名曲の)『誰も寝てはならぬ』を歌う?」と突っ込むと、西成教授「その通りです。定番ですね」。楽しいやり取りが印象的でした。

   「久々の大行列・大渋滞 谷原章介『(略)ガマンしたんですから』」(同5日、フジテレビ系「めざまし8」)は、観光地の大混雑を紹介しています。東京・お台場の「肉フェス」、神奈川・横須賀港から猿島に渡るフェリー乗り場などなど。川崎の住宅街でも「よみうりランド」行きバス停に大行列。乗っても渋滞でバスが動かない始末で、スタッフがランドまで約2キロを歩いてみると30分で着き、歩いた方が早かったそうです。

   定番の神奈川・江の島や鎌倉もひどい混雑だとあり、取材スタッフを各地へ大動員してのレポートだったのでしょう。ワイドショーの「定番話題」も戻ったようでした。

   「活気戻るも『地獄のGW』の理由(略)」(同5日、「モーニングショー」)は、観光地の大賑わいが戻る一方、SNSでは「地獄のGW」がトレンド入りしたとあります。迎え入れる側から「サービス業には地獄のGW」「イライラMAXです」「忙しいからではなく文句を言う客が多いから」などの声を紹介しています。コロナ前よりスタッフ数を減らしている店もあったようです。

   ただ、働く人に感謝するツイートが投稿されると「励まされてうれしい」「そう言ってもらえると救われる」など3万4000の「イイね」が付けられていたとあります。

   大混雑でも、感謝の気持ちは忘れず、心の余裕を持ち続けたいものです。

(コムギ)

姉妹サイト