「どうする家康」マメ知識
秀吉の「真の姿」探る 時代で変わる人物像
<歴史好きYouTuberの視点>

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   NHK大河ドラマ「どうする家康」。次回6月25日(2023年)放送回は「第24回 築山へ集え!」です。登録者数15万人を超える人気歴史解説動画「戦国BANASHI」を運営するミスター武士道が、今週原稿で最も熱く語りたい「マメ知識」は?(ネタバレあり)

  • 歴史解説YouTubeチャンネル「戦国BANASHI」提供
    歴史解説YouTubeチャンネル「戦国BANASHI」提供
  • 歴史解説YouTubeチャンネル「戦国BANASHI」提供

徳川幕府が絶版命じた作品

   いや〜乱世乱世。どうも歴史好きYouTuberのミスター武士道です。『どうする家康』が何倍も面白くなる歴史知識をご紹介します。今回は、悪人として描かれることが増えてきている豊臣秀吉についてです!

   秀吉といえば庶民のヒーローで、『太閤記』の緒形拳さんや、「心配ご無用!」で有名な竹中直人さんの『秀吉』の印象が強かった人からすると、最近の秀吉は少しサイコパスすぎる気がしますよね。

   そもそも、歴史上の秀吉はどうだったのか? 整理しながら、秀吉像の移り変わりを見ていきましょう!

<江戸時代での秀吉>

   江戸時代は、秀吉が亡くなったすぐ後の世ですね。江戸時代初期に小瀬甫庵が記した『太閤記』で、秀吉は「忠義の人」と書かれています。これは「天道思想」と「儒学」の影響を大いに受けており、信長に忠義を尽くしたからこそ秀吉は上り詰められたのだという考えからきています。

   甫庵は、秀吉の時代にも生きていた人なので、一見すると『太閤記』は一次史料にも用いられそうです。しかし、事実をより面白く盛って書いてしまうことが多く、『三河物語』の作者である大久保彦左衛門もその点を強く批判しています。

   時代を少し下ると、『絵本太閤記』が一大ブームとして普及しました。

   この書物は、甫庵の『太閤記』をベースにしながらも、秀吉の「知略」や「人たらし」な部分にフォーカスしていて、秀吉像としてより庶民に強く広がりました。その影響力は、豊臣政権を倒して作られた徳川幕府が版元に絶版を命令するほど。

   他には、幕府側の学者である新井白石は『読史余論』の中で、「運が良かっただけの人」と書いていたり、幕府の公式資料『徳川実紀』では「物事全て計算で動いていたおべっか使い」と書いて秀吉を批判しています。

   江戸時代は徳川の世ということもあり、体制側は秀吉を褒め称えることはしませんでした。

好人物?ダーク?

<尊皇攘夷と結び付けられた秀吉>

   江戸時代に、体制と庶民で既に評価が分かれていながらも人気だった秀吉が、さらにブームになったのは、幕末から戦前にかけての「尊皇攘夷思想」がきっかけでした。

   なぜ秀吉と尊皇攘夷?と思われるかもしれませんが、実はこの組み合わせはとても相性が良かったのです。それは、尊皇攘夷の元ともいえる南朝を推した「水戸学」が、足利を倒したことは「尊皇」であり、さらに朝鮮出兵をしたことは「攘夷」であるとして秀吉を推したからです。私たちと違い、朝鮮出兵は海外に日本の武力を見せつけたとして、当時の人たちには武勇伝として認識されていました。

   偶然としても、ここまで尊皇攘夷と相性が良かったのは、秀吉の「運の良さ」があるのかもしれませんね。

<私たちの持つ秀吉像>

   戦後では、緒形拳さん演じる秀吉の原作にもなった、吉川英治作『太閤記』が有名ですよね。

   しかしこの『太閤記』は、小牧・長久手の戦いまでしか書かれていません。それは、朝鮮出兵のところを書く前に日本が敗戦してしまったからでした。戦後の日本で朝鮮出兵の箇所を書くのは難しく、吉川英治さんはやむを得ず断念したのです。

   その後も、山岡荘八や司馬遼太郎が秀吉を何とか「良き人」として描こうとするも、現代で判明している史料上の秀吉と、「陽気で人たらし」という部分に矛盾が生じてしまったり...さらに「立身出世」したというのが事実として強く際立ってしまっています。

   竹中直人さん演じる『秀吉』は、皆に好かれる人物になりましたが、「織田信長の意思を引き継ぐ」という部分が推されたこの秀吉像は、一次史料からはわからない創作に近いものです。

   近年での「手段を選ばない」ダークな秀吉は、創作よりも事実として判明している部分を大切に書く風潮の結果なのですね。そうして、ムロツヨシさんの目が笑っていない秀吉が出来上がっていっているわけです...

   さて、今回の記事はここまで。

   ドラマに関するさらに詳しい解説は、是非YouTubeチャンネル・戦国BANASHIをご覧ください。それではまた来週もお会いしましょう。さらばじゃ!

    (追記:参考文献など)今回の参考文献は、『戦国武将、虚像と実像』(呉座勇一著、角川新書)など。エビデンスには細心の注意を払っておりますが、筆者は一歴史好きYouTuberであり、歴史学者・研究者ではございません。もし、間違い指摘やご意見などございましたら、この記事や動画のコメント欄で教えて頂ければ幸いです。

   <第23回『瀬名、覚醒』水野信元の往生際の悪さが最高。>は、(J-CAST)テレビウォッチのオリジナル記事下動画や、YouTubeチャンネル「戦国BANASHI」からお楽しみください。


++ 「ミスター武士道」プロフィール
1990年、三重県四日市市生まれ。年間100冊以上の歴史に関する学術書や論文を読み、独学で歴史解説や情報発信をするYouTuber。
一般向け歴史書籍の監修、市や県などの依頼を受けて、地域の歴史をPRする動画制作なども手掛ける。2019年に歴史解説チャンネル「戦国BANASI」を開設。2023年春には登録者数が15万人を超えた。22年12月には『家康日記』(エクシア出版)を公刊。

姉妹サイト