ハンディーファン気を付けて!視力低下や角膜にキズー江藤愛アナ「眼科の先生から聞きました」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   猛暑日が続き、携帯型の扇風機「ハンディーファン」を持ち歩く人も増えているが、使い方に気を付ける必要がある。7日(2023年7月)の「THE TIME,」で、番組進行の江藤愛アナウンサーが「眼科の先生が注意を呼びかけています」と取り上げた。

   伊藤医院の有田玲子副院長(眼科)は「目の方に風が当たると涙が吹き飛んで、角膜がむき出しになってしまって、傷が付いたりばい菌が入って視力が落ちたりというリスクがあります」と説明する。目の乾燥は痛みや充血、疲れ目など、さまざまな症状につながるという。

  • 目に当たらないように
    目に当たらないように
  • 目に当たらないように

目薬を1日3~5回

   ハンディーファンで顔周辺を冷やす場合はどうしたらいいのか。有田医師は「目を閉じて、なるべく(ファンを)下向きにする。首周辺に当てる感じがおすすめです」とアドバイス。目薬を1日に3~5回差すのも、乾燥予防に効果的だ。

(TT)

姉妹サイト