J-CAST ニュース ビジネス & メディアウォッチ
閉じる

「せかほし」収録での三浦春馬さんは... 死去2日後の「番組編集」名乗る書き込み、最新回とほぼ一致

   亡くなった俳優・三浦春馬さんが出演する「世界はほしいモノにあふれてる」(NHK総合、以下「せかほし」)の最新回が2020年7月30日夜に放送された。

   放送の10日前には「NHKの番組編集の仕事」をしていると名乗る人物が、インターネット掲示板で30日の放送内容を予告するような書き込みをおこない、三浦さんの「人柄」についても言及していた。

  • 三浦春馬さん(2008年)
    三浦春馬さん(2008年)

「三浦春馬が一番忘れられない料理は...」

   「せかほし」は世界中のグルメやファッション、雑貨などに焦点を当てた番組で、三浦春馬さんと歌手のJUJUさんがMCを務める。深夜の再放送を除き、三浦さんが7月18日に亡くなってから初の放送回となった30日では「キッチンから世界旅行」と題した特別編を放送。世界各国のグルメを「フルコース」として紹介し、三浦さんとJUJUさんが一部メニューの実食をおこなった。番組の冒頭と最後には三浦さんを追悼するメッセージが流れた。

   この放送から10日前の7月20日、インターネット掲示板「5ちゃんねる」の「芸スポ速報+」のスレッドには「NHKの番組編集の仕事」をしていると名乗る人物の書き込みがあった。同じスレッド内で同じIDのユーザーが投稿した書き込みを見ると、以下のような文章が綴られていた。

「三浦春馬が一番忘れられない料理は番組のフランスロケで食べたチーズフォンデュとのこと」
「デザートとして紹介されたベトナムの『ひえひえまぜまぜスイーツ』を『冷え冷え魔...ぜまぜって何だろう?』と超ド天然をかました三浦春馬がすごくかわいいので必見」
「デザートのひえひえまぜまぜスイーツは収録VTRのみスタジオ再現なしでがっかりする三浦春馬とJUJU」

   そして30日放送の番組を見ると、三浦さんは「思い出深い料理」としてフランスで食べたチーズフォンデュを挙げていた。また、メニュー名は「ひえひえまぜまぜスイーツ」ではなく「ひんやりまぜまぜスイーツ」だったものの、それを三浦さんが言い辛そうにしているシーン、食べられずショックを受けるシーンも実際に放送された。このIDの人物が言及していたことが、番組内容とほぼ一致していたのだ。

「むしろ本番後の方が無邪気」「足パタパタさせながら...」

   「NHKの番組編集の仕事」をしていると名乗るこの人物は、三浦さんの人柄についての書き込みもしていた。

   この人物によれば、本番中はニコニコしていた出演者が、番組収録後にタイムキーパーから「オッケーです」と言われた瞬間に「本性丸出し」になることがほとんどだが、「せかほし」での三浦さんは「むしろ本番後の方が無邪気」だと述べている。

「カットがかかった瞬間にホッとした笑顔に戻って『あそこってこう言った方がよかったですか?』とかすぐスタッフに確認したり、足パタパタさせながらJUJUに本番中のVTRについての雑談を話しかけたり」

   加えて、三浦さんの印象について「ちょっと甘えん坊というか人懐っこい感じ」とし、それにJUJUさんが「お姉さん的な対応」で答えつつスタジオを去る流れが多かったと語った。

   三浦さん出演の「せかほし」収録分は残り2回で、8月20日に「恋しいペルシャ 美の源流」、27日に「JAPAN!究極の"台所道具"」が放送される予定だ。