J-CAST ニュース ビジネス & メディアウォッチ
閉じる

「おしゃべりクソ野郎」がなかったら、もう消えてた 品川祐「アメトーーク!」で明かした感謝

   お笑いコンビ・品川庄司の品川祐さんが2020年7月31日、テレビ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)に出演し、"恩人"である有吉弘行さんがつける「あだ名」の秀逸さについて語った。

  • 有吉さんに「踏み台」にされたと思われがちな品川さんだが…
    有吉さんに「踏み台」にされたと思われがちな品川さんだが…

「よく踏み台にされたなんて言われてますけど...」

   この日、「芸人大好き芸人」として出演した品川さんは「大好きな人を挙げて行ったらキリがないけれど...」と前置きし、好きな芸人に有吉弘行さんを指名。品川さんに「おしゃべりクソ野郎」というあだ名をつけた有吉さんが、その後大ブレイクを果たした過去を振り返り、

「よく踏み台にされたなんて言われてますけど、『おしゃべりクソ野郎』がなかったら俺もうとっくにいない」
「もうこれは屋号」

と感謝していることを告白した。

   そんな有吉さんの「名付け」を、品川さんは「毒と薬を同時に出している」と考察。自身の「おしゃクソ」は傍から見ると悪口だが、「おしゃべり」は笑いの根幹、それに「クソ野郎」をつけることによって面白さが増し、自分にとって悪口ではないと説明した。

   その他にも、タレントのベッキーさんにつけた「元気の押し売り」に関し、「元気はベッキーのいい部分。押し売りで悪口に聞こえるが、『元気』と言われているので完全に悪い気はしない」。千原ジュニアさんの「屁理屈ガイコツ」については「(千原さんは)斜めに切ってトークにしている。言われてそんなに嫌じゃないと思う」。中山秀征さんの「バブルの生き残り」は、そもそも生き残っている時点で誉め言葉であると解釈している。

   また、お笑いコンビ・ペナルティのワッキーさんにつけられた「クソ滑り芸人」は、「元気になってまた『アメトーーク!』で滑って欲しい!」という思いが込められているのではないかと話し、「そっから爆笑が生まれる。だから悪口じゃない」と断言。同じくゲスト出演した博多華丸さんも「『芸人』をつけているから、なんだかんだ仲間だよ、というメッセージ」と評価した。

「濡れた段ボール」に救われた過去

   品川さんによる有吉愛はまだまだ止まらない。

   過去に「皆が自分を踏み台にしてのし上がっていく」ことをネタにしていた品川さんは、「ロイター板芸人」を自称していたのだが(ロイター板は跳び箱で使われる踏み台のこと)、一度それで滑りそうになったことがあったそうだ。

   しかし、すかさず有吉さんが「お前なんか濡れた段ボール」と突っ込んだことで、自身は「誰が濡れた段ボールじゃ!」と絶叫。大爆笑を湧き起こし、どん滑りを回避できたとのこと。

   そんな天才的な技量を持つ彼に品川さんが「本当は立ち上がってありがとう!! と言いたい」とラブコールを送り、スタジオのメンバーが大きく頷く一幕も放送された。