J-CAST ニュース ビジネス & メディアウォッチ
閉じる

「ぴえん」商標出願で使えなくなる? アパレル会社申請にネット物議も「保険的な意味」

   「え、これ許されるの?」「これアウトでしょ」――。アパレル会社の商標出願が、インターネット上で物議をかもしている。

   出願されたのは、若者に人気の絵文字「ぴえん」。なぜアパレルが商標権を欲しているのか。理由を聞いた。

  • ぴえんの商標出願ページ
    ぴえんの商標出願ページ
  • ぴえんの商標出願ページ

ぴえんのアパレルグッズ量産?

   ぴえんは、泣きたい様子を表す若者言葉だ。目を潤ませた絵文字とともに使われることが多く、「2020年上半期インスタ流行語大賞」流行語部門の1位にも選ばれた。

   絵文字は、文字や符号の業界規格「ユニコード」に「Pleading Face(訴えかける顔)」として登録されている。米アップルのiOSでは2018年10月から表示できるようになった。

   ぴえんの商標を出願したのは、アパレル会社「ブランチ・アウト」(東京都渋谷区)。1997年設立で、民間調査会社によれば、主な販売先はしまむら、ハニーズ、イオンリテール、ドン・キホーテなどがある。

   ぴえんの絵文字とテキストを出願し、対象となる商品・サービスは「かばん類、袋物、携帯用化粧道具入れ、傘、皮革、ペット用被服類、ステッキ、つえ、かばん金具、がま口口金被服、ガーター、靴下止め、ズボンつり、バンド、ベルト、履物、仮装用衣服、運動用特殊衣服、運動用特殊靴」。

   2020年10月29日に出願し、11月17日に特許庁のデータベースで公開されると、SNS上ではまたたく間に注目を集めた。多くは「え、これ許されるの?」「これアウトでしょ」と懐疑的な見方だ。

   商標をめぐっては、広告代理店大手「電通」(東京都港区)が今年6月、新型コロナウイルスの退散祈願としてブームとなった妖怪「アマビエ」の文字商標を出願し、「名称を独占しようとしている」と批判を集めた。同社は結局、7月に出願を取り下げた。

会社「訴訟等でご迷惑をお掛けしないという...」

   ブランチ・アウトの担当者は20日、J-CASTニュースの取材に、出願の経緯を次のように説明する。

「当社卸先より、本件商標に関して商品化の依頼がありました。当社としては権利が不明なものに関して、商品化が出来ないという見解でおりますので、権利を確認した上で、商標登録出願に至っております。また商標の権利が不明でお取引先様に訴訟等でご迷惑をお掛けしないという保険的な意味もございます」

   ぴえん関連の商品化・サービス提供については「商標登録が完了していませんので、まだサービスおよび商品化は行っておりません。あくまでも商標が登録されてからの動きになります」とする。

   仮に商標登録できても独占的・排他的な活用は想定しておらず、「基本的に当社がお取引を行っているお取引先様にご迷惑をお掛けしないための商標権の取得です」と強調した。

   2019年の商標出願件数は19万773件あり、そのうち登録されたのは10万9859件。審査の着手は通常、9~14か月ほどかかる。

   なお、ぴえんの文字商標は玩具メーカー「いきもん」(東京都あきる野市)が2020年3月に出願(現在は審査中)している。同社はぴえん関連のカプセル玩具を展開する。また、5月には化粧品会社「かならぼ」(東京都渋谷区)が、ぴえんの派生語で、潤んだような瞳を演出するメーク法「ぴえんアイ」の文字商標を出願(審査待ち)している。