J-CAST ニュース ビジネス & メディアウォッチ
閉じる

ジュニアスポーツの「見たいけど」を解決したい! 家電メーカーが挑戦する未来「カデン」開発秘話

   これまでの「家電」にとらわれない、未来の「カデン」をカタチにしたい――。そんな思いを抱いて、新しい顧客体験や社会課題の解決につながる商品開発に取り組んでいるのが、パナソニック アプライアンス社の、新規事業創出プロジェクト「Game Changer Catapult(ゲームチェンジャーカタパルト=GCカタパルト)」だ。2016年の立ち上げ以来、枠にとらわれない発想で、消費者ニーズをくみ取った新しい「カデン」を生み出してきた実績を持つ。

   GCカタパルトがユニークなのは、熱意を持った社員が社内ビジネスコンテストで夢やビジネスプランを披露したのち、事業化をめざすことが決まると、リーダーが部門を超えて仲間を集め、プロジェクト化していくところだ。しかも、参画するメンバーは通常業務と並行して新規事業の創出を推し進めるなど、従来の「モノづくり」の取り組み方とは一線を画す。

   今回J-CASTニュースでは、現在事業化をめざして力を注ぐプロジェクトのひとつ、スポーツ動画の編集・配信サービス「Spodit(スポディット)」の主要メンバー4人に話を聞いた。なんと、プロジェクトリーダーをつとめる入社5年目の岩山雄大さんは、ふだんは経理を担当しているという。イノベーションの芽は、人の情熱の中にある――。

  • リモート取材でのSpodit主要メンバー
    リモート取材でのSpodit主要メンバー
  • リモート取材でのSpodit主要メンバー

リーダーの信念を醸成した北京での「原体験」

「誰でも参加できる社内のビジネスコンテストへの応募は2020年5月ごろ。最初にエントリーシートを提出するのですが、このときは数日で書き上げたことを覚えています。いまは動画の編集・配信サービスとしてカタチを変えましたが、当初のプランは、一言でいえば、プロスポーツをVRで楽しむ、というものでした。私は以前から、そんなサービスがあったら面白いだろう、自分でもほしいなと考えていて。同僚にもよく話していました。すると、思いがけず書類選考を通過して、まさか自分がリーダーになるとは思っていませんでした」

   プロジェクトリーダーの岩山さんはGCカタパルトへの参加のきっかけについて、こう振り返る。もっとも、青春をサッカーに捧げていた岩山さんにはもともと、スポーツビジネスに関わりたい、という強い思いがあった。

   気持ちを高めたのは、大学時代。中国・北京に留学した際、日本で行われているブラインドサッカー(視覚障害者サッカー)を用いた企業研修を現地法人などに提案し、採用されて得た対価は寄付する――。このようなソーシャルビジネスに、縁あって知り合った会社員と一緒に取り組んだ「原体験」がある。以来、岩山さんは「スポーツはプレーしたり応援したりする楽しみ方だけではない。スポーツを通して社会に役立つことがたくさんある」という思いを深めた。その情熱は、岩山さんがGCカタパルトへ挑戦した下地となっている。

news_20210128130430.jpg
岩山さんは、経理業務とGCカタパルトの「二足の草鞋」の難しさに、時間やタスク管理をあげる。

   GCカタパルトでは書類選考を通ると、3週間後には幹部の前でビジネスプランのプレゼンテーションがある。だが、経理畑の岩山さんは、プレゼン用の資料をほとんどつくった経験がない。そこで、声をかけたのが2年後輩の川合悠加さん(経営企画)。川合さんとは社内で席が近く、彼女もスポーツ好き。また、学生時代はビジネスコンテストへの参加経験が豊富で、力になってくれると踏んだのだ。川合さんはビジネスプランのベースをまとめるところで手腕を発揮した。

「岩山さんの思いをビジネスとしてカタチにするうえでは、そもそもニーズがあるかどうかがポイントで、その時点ではわかりませんでした。プレゼンでは、たとえ一人でも『欲しい人がいる』と根拠を持って伝えなくてはなりません。そこで、SNSを利用していろんな人に声をかけて意見をもらったり、アンケート機能を使ったりして調査を重ねました。そうした調査結果を盛り込んで挑んだプレゼンは、粗削りだったと思うのですが、着目したニーズがとらえられている点が評価され、その後の自信につながりました」(川合さん)
news_20210128130537.jpg
川合さんは、限られた時間での資料作成を行い、プレゼン通過の立役者となった。

顧客へのヒアリングによって当初プランを「捨てた」

   プレゼンを経て、新規事業創出のプロジェクトとして本格的にスタートした2020年6月、小梶裕貴さん(海外マーケティング)、杉岡将伍さん(営業)にも声をかけてチームが結成される。新たに仲間となった2人も、もちろん、スポーツを愛してやまない。岩山さんと同期にあたる小梶さんは「新規事業に挑戦できる機会は滅多にない!」と意欲を燃やし、杉岡さんはスポーツビジネスへの興味に加え、過去にGCカタパルトでの活動経験があり、そうした知見も生かしていくことになった。

news_20210128133414.jpg
関西勤務の小梶さんは、まだ実際に川合さん・杉岡さんに会ったことがないという。

   もっとも、前述のように当初は「プロスポーツをVRで楽しむ」というプランだったが、活動の過程でカタチを変え、現在はスポーツ動画の編集・配信サービス「Spodit」として提案する。このサービスは、スポーツの試合映像を編集し、配信するプラットフォームだ。主な顧客としては、ジュニアスポーツクラブの関係者を想定している。

   具体的には、フィールドに設置したカメラが180度撮影し、その映像はクラウド上に保存。自動編集され、いつでもストリーミング再生できる。保護者は好きなシーンや特定の選手(自分の子ども)だけを見られるほか、離れて暮らす祖父母もオンライン上で楽しめるというわけだ。コーチにとっても、選手への指導、自チームや相手チームの分析などに活用できる。

news_20210128130851.jpg

   なぜ、このように方向転換したのだろうか――。それは、メンバーが想定顧客へのヒアリングを通じて、いま世の中で求められていることは何か、顧客視点で真摯に考え抜いてきたからだ。岩山さんは次のように説明する。

「顧客ニーズのヒアリングを重ねていくなかで、ジュニアスポーツの場合はとくに、保護者が子どもの試合を観に行くのがけっこう大変だ、ということがわかってきたのです。たとえば、会場が遠いとか。暑い日、寒い日はまだ我慢できるとして、雨の日はちょっと大変だなとか。当初のプロスポーツ観戦の課題以上に、そんな生の声を聞いて、先に解決したい課題だと考えました」

   こうしたより深い顧客ニーズを探りあてるのに尽力したのが、小梶さんと杉岡さんだった。

「想定顧客にあたることは、なによりも大切でした。そもそも顧客にあたらなければ、私たちが何をやればよいかわかりませんし、次のステップも見えてこないからです。顧客へのヒアリングにあたっては主にSNSを活用して、質問やアンケートを投げかけました。そのなかから興味を持ってくれた人にあたって、話を聞くようにしました」(小梶さん)
「新型コロナウイルスによる外出自粛もあって、なかなか現場には足を運べず、ほとんどがオンラインでのヒアリングでした。対面で話すのとは勝手が違って、コミュニケーションが難しかったです。会話がぶつかってしまうとか、微妙なニュアンスや意図をくみ取りづらくて......。そのときに工夫したのは、『どうしてそう思ったのですか?』と質問して、本音の部分を意識的に聞くよう心がけました」(杉岡さん)
news_20210128131013.jpg
GCカタパルトでは上司への相談はタブー。杉岡さんは、周囲から言われた「上司はあなたのサービスの顧客ですか?」とのフレーズが記憶に残っている。

思い描く世界観を共有して生まれる「カデン」

   現在、チームのメンバーは、2021年3月に控える社内の最終プレゼンに向けて準備を進めている。ひとつの山場になるのは2月15、16日にオンライン開催されるイベント「TOAワールド・ショーケース東京2021」への出展だ。ここで「Spodit」を初めて一般の人にも公開するとともに、参加者からも意見をもらって、さらなるサービス向上をめざす。

   また、事業化に向けて、チームのメンバーは、近く実際にカメラを使って撮影して、映像編集に至るまでの実証実験を行う予定だ。その際、ジュニアチームの協力に加え、大会運営や試合情報共有サービスなどを手がける企業とのコラボレーション(協業)で進めていく。協業にあたって岩山さんは、「世界観」が共有できるかどうかが大事だと考えている。

「協業するパートナーに対して自分の思いを語るだけでなく、相手もどんな夢やビジョンを描いているか、お互い素直に話して共有することが大切だと思っています。ですので、コラボレーション相手との対話には、時間をかけるようにしています。お互いの理解や共有ができていなければ、よいサービスにならないからです。途中でサービス内容が変わり、おもしろみのないものになってしまうかもしれませんしね。今回、自分の思いを話して、仲間を集めることが大事だと学びました。これから予期せぬ困難があっても、みんなで『楽しいよね』という思いをもって走り続けていきたいです」(岩山さん)

   そう言ってほほ笑む岩山さん、メンバーの皆さんの情熱によって、「世界を変える」日は間近に迫っている。



Spoditの詳細はこちら