読むべき本、見逃していない?

ダニエル・クレイグのボンドは見納め? Pen2015年12/15号「史上最強の007を目撃せよ。」

  シリーズ史上、最高の興業収入を稼ぎ出した『スカイフォール』から3年。待望の新作『007 スぺクター』が日本で公開されます。それに先駆けて、ボンド役のダニエル・クレイグ、ボンドガールのレア・セドゥやモニカ・ベルッチら出演者たち、サム・メンデス監督、プロデューサーにインタビュー。リラックスした彼らの肉声を誌上で再現します。次いで、大の007好きでスパイ小説を手がける、作家の吉田修一さんに6代目ボンドの魅力について語ってもらいました。さらには新作から遡り、半世紀で23作も製作された人気シリーズの魅力を徹底解剖。映画に深みを加えるテーマ曲、ボンドカー制作におけるこだわり、シリーズの世界観をつくった美術監督の仕事、ファッションアイコンとしてのボンドの装い、国際情勢を反映するシナリオ、元ボンド・ガールの証言など、さまざまな角度から作品に切り込みます。ほかにシリーズの各作品と番外編2作の詳細な解説もあって、007の世界にどっぷり浸かれる保存版となりました。

 第2特集は、作家・島地勝彦とPenによる、別注シングルモルト企画。好評のうちに第3弾となる今回は、個性豊かな5本をリリースします。ボトリングと同時に島地勝彦が現地へ赴き蒸留所を徹底取材。厳選のボトルとともに、物語のある蒸留所を紹介します。

誌名:Pen2015年12/15号発売日:2015/12/1特別定価:680円(税込)

雑誌 コミックの一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub