読むべき本、見逃していない?

女には「未知の私」が潜んでいる

  • 書名 私の裸
  • 監修・編集・著者名森 美樹 著
  • 出版社名株式会社新潮社
  • 出版年月日2019年1月 1日
  • 定価本体520円+税
  • 判型・ページ数文庫・258ページ
  • ISBN9784101211923
BOOKウォッチ編集部コメント

 本書『私の裸』(新潮文庫)は、R-18文学賞読者賞を含む連作短編集『主婦病』の著者である森美樹さんの最新刊。刺激的なタイトルからはあらゆる想像が膨らむが、本書の中心人物は意外な設定だった。

6歳の身体を持つ42歳の男

 本書は、「朔也」「鈴美」「冬美恵」「理都子」「天音」の5話から成る。「成長ホルモン分泌不全性低身長症」により6歳児の身体を持ち、俳優業の傍ら素人の裸を撮影する朔也。過去の性的虐待のトラウマに苦しむ鈴美。男性経験のなさにコンプレックスを感じる冬美恵。朔也が女の裸を撮影することに憤る朔也の妻・理都子。ライターとしても妻としても自己不全感を抱く天音。本書は、朔也の描写で始まる。

「その人を一目見て、箱庭のようだと思った。精巧で繊細で、けれどリアルではない。息遣いは感じられるから、勿論リアルなのだけれど。話をしてみると、内面のエネルギーや、特殊な容姿ゆえに味わったであろう感情がにじみ出て、その人自身を膨張させる。不思議と、大きく見えてくる」

 朔也は小学校高学年の時に病気と診断され、母親は治療法を必死に模索したが、朔也は「このままでいい。小さいままだと大人になれないの? 大人なのにちっちゃい奴もいるのに」と言った。病を「一種ファンタジーに変換」し、「朔也は朔也のままで生き」、「比類ない朔也として存在」している。

 「俺、歩くファンタジーなんだよね」「だから、さらけ出せるんだと思う。全部」と、朔也は自身と朔也に寄ってくる女たちを分析する。特徴的な容姿をはじめ、個性の強い朔也に女たちは惹かれ、心を開き、裸になる。

裸とは、脱皮した姿

 正直なところ、登場人物の設定からして共感できる要素はあまりなかったが、朔也に会った時の天音の気持ちはわかる。

「自分が随分と凝り固まっているのではないかと感じる。本来はもっとやわくてだらしなくて、自由なのではないか。腐りかけの果物のような、嫌悪すれすれの甘さを、ひた隠しにしているのではないか」

 ある1つの枠の中で凝り固まっている、過去のしがらみから抜け出せない......そんな「私」を解放してくれる朔也に女たちは身も心も委ねていく。朔也の存在はまさにファンタジーで、現実的ではない。朔也のような人物との出会いを期待するわけではないが、それまで気づかずにいた「私」の皮を1枚ずつ剥いでいくことは、なにかのきっかけでできるのだと思った。

 4人の女たちと同じく、おそらく誰しも皮や殻があって、脱皮することができたら新たな「私」になれるかもしれない。本書に漂う雰囲気は明るいとは言えないが、そんな脱皮願望が湧いてきて「未知の私」に会いたくなる。

 著者の森美樹さんは、1970年埼玉県生まれ。95年に少女小説家としてデビュー。5年間の休筆期間を経て、2013年「朝凪」(「まばたきがスイッチ」と改題)でR-18文学賞読者賞を受賞した。

 本書は、2016年に新潮社より単行本として刊行された『幸福なハダカ』を改題し、文庫化したもの。

BOOKウォッチ編集部 Yukako)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub