読むべき本、見逃していない?

あなたは「鶯谷に行く」って言えますか?

  • 書名 東京最後の異界 鶯谷
  • 監修・編集・著者名本橋信宏 著
  • 出版社名宝島社
  • 出版年月日2013年12月27日
  • 定価本体1429円+税
  • 判型・ページ数四六判・301ページ
  • ISBN9784800219787

 本欄は月曜日から土曜日までは新刊を対象にしているが、日曜日は少し古い本を取り上げている。平成も残りわずか、記憶に残る「平成本」というときに思い出したのが、本書『東京最後の異界 鶯谷』(宝島社)だ。

「鶯谷」は過激な風俗の代名詞

 本橋さんの「東京の異界」シリーズは、4冊目が『新橋アンダーグラウンド』(駒草出版)、最新刊『高田馬場アンダーグラウンド』(駒草出版)で5冊目になる。その最初がこの「鶯谷」だ。

 鶯谷といっても首都圏以外の人にはわかりにくいだろう。JR上野駅の一つ北隣りの駅で、山手線の中でもっとも乗降客が少ないマイナーな駅である。ちなみに行政的な地名としての鶯谷は存在しないから、鶯谷といえばJR鶯谷駅をさすことになる。そして「鶯谷に行く」とはあまり人前では言いにくい。なぜなら駅前はラブホテルが林立し、「鶯谷」は過激な風俗の代名詞になっているからだ。

 陽と陰、聖と俗、生と死が入り混じるところを、本橋さんは「異界」と呼ぶ。鶯谷は日暮里崖線(にっぽりがいせん)という崖で東西に分断される。崖の西側は高台。東京藝術大学、東京国立博物館など文教施設がある。

 片や東側は縄文時代海だった低地。ラブホテルが密集し、駅南口は少し離れた吉原ソープ街の玄関のようなあんばいだ。たしかに聖と俗が接している。正岡子規終焉の地となった子規庵、書道博物館などはラブホテル街側だ。

 そして本書は圧倒的に陰というか俗の部分を掘り下げている。第2章は「『鶯谷発』韓デリの魔力」、第3章「人妻の聖地――鶯谷」、第4章「吉原と鶯谷」など、ここに出入りする人々への密着インタビューが圧巻だ。

 よくもまあ匿名が条件とはいえ、人妻が自分の秘密をあからさまに語るものだ。

 
 「ご主人は真裕美さんが鶯谷でデリヘルやったり、吉原のソープで働いていることは知らないんですか?」
 「もちろん。都内の化粧品セールスレディしてるってことになってるんですよ。昨日もダンナが飲みに行くっていうから、お財布に三万入れてあげたんです。ときどき、親からもらってるって嘘ついているから、お金の出所は疑っていないはずです」

平成風俗ルポの白眉

 彼女らの客からも、とてもここに引用できないようなあけすけな話を聞き出している。風俗ルポが目的の本ではないが、本橋さんはどんどん肉薄していく。

 本書が出た2013年ころ、鶯谷は韓国デリヘルのメッカといわれた。若い子が数カ月単位で来日、荒稼ぎしているとも。本橋さんは数人に取材している。「妹とわたしの学費、稼ぎます。うち、そんなにお金ないです」という21歳の女性に携帯番号を聞き、韓国式の指切りをして別れた。その後、彼女は店を辞め、携帯がつながることはなかった。しかし、本書の最後で音信があり、再会する。「日本はどうですか。まだ好きですか?」という問いに「寂しげな微笑を浮かべた」とある。

 『裏昭和史探検』(朝日新聞出版)を紹介したばかりで、「平成の風俗は体温が感じられない」という趣旨のコメントを書いたが、どうして、行くところに行けば熱い交情が繰り広げられている。風営法の改正で、店舗型風俗店から派遣型風俗店(デリヘル)への転換が進み、風俗が目に見えにくくなっているのだ。

 鶯谷、上野、渋谷、新橋、高田馬場と続いた「東京の異界」シリーズは、「令和」の時代になり、本橋さんはどこへ行くのだろう。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

デイリーBOOKウォッチの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub