読むべき本、見逃していない?

「ふしぎな県境」西村まさゆき著

  • 書名 ふしぎな県境
  • 監修・編集・著者名西村まさゆき
  • 出版社名中公新書
  • 出版年月日2018年5月18日
  • 定価1000円+税
  • 判型・ページ数179ページ
  • ISBN9784121024879

車に乗って県境を越えると、舗装の状態が変わったりして、別の県に入ったと実感できる。身近な中に感じる異郷である。

 

本書は、そんな県境を愛するマニアが訪ねた全国13カ所の珍奇な県境の記録である。

 

山形県と新潟県の間に幅1メートル、長さ8キロにわたって、福島県が盲腸のように食い込んでいるが、地図を拡大して見ないと、どこにあるかもわからない。福岡県大牟田市の中には熊本県荒尾市の飛び地が3カ所あるが、小さいものは民家数軒分しかないという。東京都稲城市にはその名も「県境」というバス停があるが、じつは県境とは全然違う場所に設置されている...などなど、言われてみればたしかに奇妙だが、歴史を振り返ってみればそれぞれに相応の理由があるという。

興奮して地元の人にインタビューする著者と、「別に不自由はない」という冷静な住人のギャップもまた面白い。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

記事一覧 公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub