読むべき本、見逃していない?

『「君たちはどう生きるか」に異論あり!』村瀬学著

  • 書名 「君たちはどう生きるか」に異論あり!
  • 監修・編集・著者名村瀬学
  • 出版社名言視舎
  • 出版年月日2018年4月27日
  • 定価1300円+税
  • 判型・ページ数162ページ
  • ISBN9784865651201

『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎)は原作・漫画版合計200万部を超えるというベストセラー、心に残る名作として話題になっている。しかし、虚心に読むと問題点だらけ、とても手放しで礼賛できない、というのが著者の考えだ。

たとえば「いじめ」の問題。作品では、主人公の友達が勇気を出して「いじめ」に立ち向かい、事態を収束させたように描かれている。ところがこれは、いじめた人間が懲らしめられただけで、解決になっていない。そもそも、力によって物事を解決しようとする姿勢が『君たち~』には各所にみられ、それはとても生き方のお手本にはならないという。

また、「見て見ぬふりをした」ということだけで、「みんなとの約束」と「個人の意志」の葛藤が、個人の良心の問題に解消されたりするような、議論の「すり替え」も多い。みんなが「良い」というものを、じっくり考えてみようという問題提起の書。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

記事一覧 公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる >

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub