読むべき本、見逃していない?

「負動産時代」 朝日新聞取材班

  • 書名 負動産時代
  • サブタイトルマイナス価格となる家と土地
  • 監修・編集・著者名朝日新聞取材班 著
  • 出版社名朝日新聞出版
  • 出版年月日2019年2月13日
  • 定価本体810円+税
  • 判型・ページ数新書判・264ページ
  • ISBN9784022950086

「今や不動産はタダ同然」と聞いたことがあるかもしれない。しかし、実際は「カネを払ってでも捨てたいゴミ」と化していた――。不動産が〝負動産〟となりつつある現場を丹念に取材し、空き家、スラム化するマンション、山林などの実態に迫る。

売るに売れない家や土地を抱えた上に、高いランニングコストや固定資産税に苦しむ人々の声は生々しい。とくに、宗教法人に管理組合を乗っ取られたリゾートマンション、レオパレスの大家が巻き込まれたサブリース契約のトラブルの話は強烈だ。窮地に陥った人につけこむ卑劣なやり口に慄然とする。

負動産の問題は、つくるだけつくって、後始末を考えない企業、旧態依然とした制度を放置する国に責任がある。われわれが住む家もいつか負債となる。次世代に継がせないためにも、一刻も早い見直しが求められる。本書は、その解決策までも提示する一級のルポだ。

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

夕刊フジ

産業経済新聞社発行が発行する、首都圏・近畿圏を中心に販売されているタブロイド判夕刊紙。ターゲットは30代~60代を中心とした都市型男性ビジネスマン。 WEB版は「ZAKZAK」(http://www.zakzak.co.jp/)で、紙面と同じ記事だけでなく、WEBオリジナルの記事も人気。 書評は毎日掲載しており、紙面ではこのコラムで掲載されたもの以外も読むことができる。

記事一覧 公式サイト

夕刊フジの書評からの一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub