読むべき本、見逃していない?

「文藝」が「韓国・フェミニズム・日本」を大特集

 河出書房新社の季刊文芸誌「文藝」は、リニューアル第2弾となる秋号を発売中だ。「韓国・フェミニズム・日本」を約180ページで大特集している。

 メインは著書『82年生まれ、キム・ジヨン』が翻訳書としては異例のベストセラーとなっているチョ・ナムジュや西加奈子ら、日韓作家10人による短篇競作。
 アジア初の国際ブッカー賞作家、ハン・ガンによる「京都、ファサード」、パク・ソルメ「水泳する人」は書き下ろし、また、イ・ラン「あなたの可能性を見せてください」も本誌で世界初の公開となる。

 今、20代を中心に大きな支持を得ている韓国出身・日本語ラッパー、MOMENT JOONの自伝的小説「三代」も抄録。

 斎藤真理子と鴻巣友季子による対談「世界文学のなかの隣人――祈りを共にするための『私たち文学』」も収録されている。定価1490円(税込)。

 斎藤さんの編著では本欄で『増補 遥かなる故郷 ライと朝鮮の文学』(皓星社)を紹介済みだ。


bungei.jpg
文藝 2019年秋季号(河出書房新社)

オンライン書店で詳しく見る(購入もできます)

最新のトピックス一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub