読むべき本、見逃していない?

大修館書店が『三国志演義事典』、東博の特別展鑑賞に役立つ

 東京国立博物館で2019年7月9日から「特別展三国志」が始まったが、大修館書店は同展の予習・復習に使える『三国志演義事典』を発売中だ。既刊『三国志事典』の姉妹編にして、『三国志演義』のすべてを凝縮した事典だ。

 『三国志演義事典』は魅力溢れる英雄や珠玉の名場面、ゆかりの故事成語、後世の漫画や映画への展開まで、『三国志演義』にまつわる情報が満載。『演義』独自の創作部分は、書体を変えて一目でわかるようになっている。正史『三国志』を扱った前著『三国志事典』と読み比べると、3世紀に成立した『三国志』と、その約1000年後に書かれた小説の違いを味わうことができる。渡邉義浩・仙石知子著。3600円+税。

 本欄では渡邉さんの著書 『始皇帝 中華統一の思想 「キングダム」で解く中国大陸の謎』(集英社新書)を紹介済みだ。

sangokusi.jpg
『三国志演義事典』(大修館書店)

最新のトピックス一覧

一覧をみる

アクセスランキング

DAILY
WEEKLY
もっと見る

当サイトご覧の皆様!

おすすめの本を教えてください。
本のリクエスト承ります!

出版社の皆様!

御社の書籍も、
BOOKウォッチに
掲載してみませんか?

sub