三井物産、新日鉄、住金が豪州で鉄鉱石の新鉱区を開発

印刷

三井物産新日本製鉄住友金属工業は2007年12月27日、世界有数の鉱物資源会社のリオ・ティント社と西オーストラリアで共同運営を行う鉄鉱石事業ローブ・リバー ジョイントベンチャー(Robe J/V)で、新鉱区(MessaA・Warramboo=メサエー・ワランブー)の開発を決定したと発表した。新鉱区での生産は2010年から11年間操業。開発総投資額は約9億米ドル(約1000億円)を見込んでおり、最大年2500万トンの生産を予定している。RobeJ/Vの出資比率(権益保有率)は、リオ社が53%、三井物産33%、新日鉄10.5%、住金3.5%。世界的な鉄鋼需要から、鉄鉱石は激しい争奪戦が繰り広げられており、3社は自前の権益を確保して安定調達を図る狙いがある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中