巨人上原「メジャーでキツイ」 角盈男が酷評

印刷

   プロ野球読売ジャイアンツなどで活躍した、元プロ野球選手の角盈男さんがブログで、読売ジャイアンツのエース上原浩治投手を酷評している。2008年5月3日の更新だ。

   「俺の意見を率直に書くよ!」と前置きした角さんは、敗戦が続きピッチングに苦しんでいる上原投手について、こう評価する。

「現在の力では魅力無し! メジャーでもキツイだろう。
先発?! 難しいね!。
クローザー?難しいね!
セットアッパー! う~~ん! 残念ながら・・・こういう評価だろう」

   とはいうものの、その原因についてもきちんと分析している。下半身の故障から腕中心、下半身をかばう投げ方になっている、という見方だ。そこで、「今、必要なのはカラダをいじめ抜く事だろう」と提案。「ランニング、ウエイトなどは当然必要。それともう一つ、内野ノック&スローが必要だと思う」

   FA宣言し、プレッシャーを背負っている後輩に、「それに負ける彼ではない!頑張れ 上原投手!」とのエールで、ブログを結んでいる。

   なお、角盈男さんは、1976年ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。変則的な左サイドスローを武器にリリーフや抑えで活躍した。現在は、野球評論家のかたわら、タレントとしても活動している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中