巨人上原「メジャーでキツイ」 角盈男が酷評

印刷

   プロ野球読売ジャイアンツなどで活躍した、元プロ野球選手の角盈男さんがブログで、読売ジャイアンツのエース上原浩治投手を酷評している。2008年5月3日の更新だ。

   「俺の意見を率直に書くよ!」と前置きした角さんは、敗戦が続きピッチングに苦しんでいる上原投手について、こう評価する。

「現在の力では魅力無し! メジャーでもキツイだろう。
先発?! 難しいね!。
クローザー?難しいね!
セットアッパー! う~~ん! 残念ながら・・・こういう評価だろう」

   とはいうものの、その原因についてもきちんと分析している。下半身の故障から腕中心、下半身をかばう投げ方になっている、という見方だ。そこで、「今、必要なのはカラダをいじめ抜く事だろう」と提案。「ランニング、ウエイトなどは当然必要。それともう一つ、内野ノック&スローが必要だと思う」

   FA宣言し、プレッシャーを背負っている後輩に、「それに負ける彼ではない!頑張れ 上原投手!」とのエールで、ブログを結んでいる。

   なお、角盈男さんは、1976年ドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。変則的な左サイドスローを武器にリリーフや抑えで活躍した。現在は、野球評論家のかたわら、タレントとしても活動している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中