トラック改造して移動営業所 カブドットコム証券

印刷

   三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下のインターネット証券大手、カブドットコム証券は、トラックを改造した移動型店舗を使って、証券口座の開設や投資情報の提供サービスを、2008年9月末にも開始する。ネット証券が「自前の店舗」をもつことはめずらしい。「(トラックは)株券や投資信託の入庫手続きや投資相談もでき、実質ひとつの店舗が搭載されているイメージ」(カブドットコム証券)と話している。

   移動営業所は、プライベート・バンキングを内装の基本コンセプトに、ホテルや百貨店の外商サロンをイメージ。証券取引や外国為替証拠金取引(FX)、先物取引などの口座開設や入出金の依頼などができるほか、株価ボードや情報ディスプレイではリアルタイムの情報を提供する。また、顧客情報をデータセンター側で一元管理するため、移動営業所内の端末で顧客情報を保持しない設計にした。一時預かりの書類などは、本店から開錠指示がない限り開かない、二重ロックの耐火金庫で管理する。当初1台だが、「実績をみながら増やしていきたい」という。

   こうした移動営業所は、かつて埼玉銀行(現埼玉りそな)が、現在は岐阜県の大垣共立銀行などが実施している例があるが、証券界では初めてという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中