新日本と新日鉱HD、経営統合を発表

印刷

   石油元売り最大手の新日本石油と同第6位の新日鉱ホールディングスは、2009年10月に持ち株会社を設立して経営を統合することで基本合意したと、08年12月4日に発表した。統合後の売上高は約12兆円(08年3月期の合算)、世界第8位の石油会社が誕生する。

   統合持ち株会社を設立し、その傘下に石油精製販売事業会社と石油開発事業会社、金属事業会社の「中核事業会社」を置く。経営統合のシナジー効果によって、少なくとも年600億円以上の統合効果を実現。目標値を年1000億円以上に置いた。

   両社は今後、円滑な経営統合に向けて統合準備委員会を設置して協議していく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中