酒で失敗「反省」繰り返す人 「専門家に相談」が重要

印刷

   G7(主要7か国財務相・中央銀行総裁会議)後の記者会見で、「泥酔」疑惑が浮上していた中川昭一財務相は2009年2月17日、首相に辞表を提出した。中川氏は、これまで飲酒についての「前科」は数多く、「反省の弁」を繰り返してもいる。このような場合、周囲の人は、どのように対応すれば良いのだろうか。

中川氏「今まで、色々あって。前科があるから」

   中川氏は2月16日、夕刊フジに対して

「すべてを話そう。まず、ローマ行きの飛行機で寝る前にジントニックを3、4杯飲んだ。13日夜、G7メンバーとの夕食会では赤と白のワインを1杯ずつ。その後、(時差ボケ解消もあり)就寝前に打ち合わせをしながらジントニックを2、3杯を飲んだ」

と明かしている。しかし、

「ただ、G7本会合があった14日は昼食に出たワインを口に含んだだけ。記者会見前には絶対に飲んでいない」

と、従来の「会見での泥酔疑惑」については、改めて否定した。

   ただ、中川氏の飲酒にまつわるトラブルは、今日に始まった話ではないだけに、「会見での泥酔疑惑」は消えたわけではないというのも事実だ。

   「夕刊フジ」のインタビューでも、中川氏は

「今まで、色々あって。前科があるから…。それは反省している」

と反省の弁を述べているのだが、中川氏は08年11月、天皇皇后両陛下主催の晩餐会に出席した直後、皇居の廊下で酔って「帰る!」などと大声を出したことを週刊新潮(08年12月4日号)に報じられてもいる。そのときも、中川氏は同誌の取材に対して

「まぁ、お酒が入っていましたから、『帰る』と大声で言ったかもしれません。言ったような気がします。はい、大声で。殿中ですよね…。酔ってるな、という自覚はあったんですが」

と事実を認めた上で、

「場所が場所だけに…失態をしてしまいました。お酒が悪い。本当にお酒が悪い。女房をはじめ、迷惑をかけちゃう。お酒は控えようと思っています」

と、また反省の弁を述べている。ところが、その1か月半前の週刊朝日(08年10月24日号)でも、地元選挙区(北海道11区)で「酒癖の悪さ」が評判になっていることが報じられており、地元市議は記事中で

「(中川氏が)『禁酒』を宣言したのもつかの間、いまは『自粛』だそうです」

と明かしている。つまり、「泥酔する→トラブルを起こす→反省して『禁酒宣言』→やっぱり『飲酒再開』」というサイクルを繰り返している様子なのだ。このような状況から、永田町の関係者からは「アルコールに依存気味なのでは」との声が絶えないのも事実だ。

「アル中」「アルコール依存症」を本人にぶつけるのは禁物

   なお、アルコール依存の度合いを測る方法としては、国立大学機構・久里浜アルコール症センターによる「新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト」が有名だ。10項目にわたる質問項目に「はい」か「いいえ」で答えるもので、質問項目には

「二曰酔いで仕事を休んだり、大事な約束を守らなかったりしたことが時々ある」
「酒をやめる必要性を感じたことがある」
「飲まないほうがよい生活を送れそうだと思う」

といったものが並んでいる。

   アルコール依存の問題に取り組むNPO法人「アルコール薬物問題全国市民協会(ASK、東京都中央区)」の今成知美代表は、アルコールで問題を起こす人への対策方法について、こうアドバイスする。

「アルコールが原因で問題行動を起こす人に対しては、問題行動が起こった時点で、家族などが『専門家に相談しよう』と働きかけること(介入)が重要です。ただ、この段階で、社会的偏見と誤解を含む『アル中』『アルコール依存症』といった言葉を本人にぶつけるのは禁物です。本人は、逆に『自分で酒量を減らせるから大丈夫』と、態度を硬化させてしまいます」

   ただ、治療にこぎつけるまでには、家族内で協力することが必要だとも強調している。

「介入は、ひとりで行うのではなく、家族の他のメンバーや親戚と協力して『チーム』として行うのが大事です。(問題行動を起こす)本人が、周りから『男は酒ぐらい飲めないとダメだ』みたいなことを言われて、治療を受けさせようという努力が台無しになることもあるからです。そして『家族みんなが、あなたのことを想っていて、治療して欲しいと思っている』という気持ちを伝えることが必要です」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中