09年の新車販売、38年ぶり300万台割れ

印刷

   日本自動車販売協会連合会(自販連)は2010年1月5日、09年の国内登録車の新車販売台数(軽自動車をのぞく)は前年比9.1%減の292万1085台だった、と発表した。6年連続の前年割れで1971年以来38年ぶりに300万台を割り込んだ。一方、全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が同日発表した09年の軽自動車販売台数は同9.7%減の168万8170台だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中