グーグル中国から撤退 4月10日説が有力

印刷

   米インターネット検索最大手のグーグルが中国から撤退する可能性が強まっている。撤退の時期については、これまで中国国内では3月15日説も唱えられていたが、現在では2010年4月10日説がもっとも有力だ。

   グーグルの中国からの撤退は4月10日という情報は、香港フェニクス・テレビの記者も掴んでいる。また、中国ポータルサイトのトップの一人は、4月10日にグーグルは中国から撤退するのではないかと、J-CASTに明かした。さらに「政治問題化し、中国政府も引けなくなったのではないか」と見る。

3名のスタッフが転職?

   すでに撤退に向けて準備が始まっている、という情報も流れている。グーグルの3名のスタッフは、微軟必応社(マイクロソフトの検索会社)に転職したと中国では報道されている。その他のメンバーも動揺しているようだ。

   グーグルは中国市場からの撤退の検討を2010年1月に表明した。グーグル側は検索結果への検閲を中止するよう求め、中国側は拒否したため、撤退の検討という事態に至ったとされている。

   ただ、中国政府は、グーグルと接触していることについては公式には一切否定している。2010年3月7日に、日本の衆議院に相当する全国人民代表大会で、工業情報省の苗圩副大臣は、「グーグル社が中国工業情報省と交渉している報告をうけていないし、正式にグーグル社と接触したこともない」と記者の質問に答え、「中国政府は、グーグルからハッカーの攻撃を受けたことについての報告をも受けていない。攻撃は中国から来たという証拠があるなら、提出してもらいたい。中国こそハッカーの被害者だ」と付け加えた。中国の法律は、4年前グーグルが進出した当時と変わりはなく、「法律については、グーグルも十分理解しているはずだった」(苗副大臣)としている。

J-CAST北京

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中